遊戯王カード考察:≪幻影融合(ヴィジョンゆうごう)≫除外した後もちゃんと有効活用しよう

スポンサーリンク

今回紹介するのはCOLLECTION PACK-革命の決闘者編-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

幻影融合
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・フィールドから、
「HERO」融合モンスターカードによって
決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
自分の魔法&罠ゾーンに融合素材モンスターが永続罠カード扱いで存在する場合、
そのモンスターカードを除外して融合素材とする事もできる(最大2枚まで)。

 

 

 

ヴィジョン・ヒーロー用の融合魔法です。
漫画版GXにおいてエド・フェニックスが使用しており、
V・HEROアドレイションの融合召喚に繋げています。
漫画では融合素材にできるのは魔法罠ゾーンのV・HEROのみでしたが
OCG化に伴い通常の融合のように手札とフィールドのカードも融合素材にできます。
髑髏2つが混ざり合って融合するなんとも禍々しいイラストです。
幻影というよりはアンデット感ありますね。
漫画版5D’sに登場した幽合とも似ています。
ちなみに「げんえいゆうごう」でも「ヴィジョン・フュージョン」でもなく
「ヴィジョンゆうごう」と読む点には注意してください。
ファントムでもありません、幻影騎士団とは関係ありません、むしろ融合次元の手先です。

 

 

 

魔法罠ゾーンのV・HEROを利用して融合召喚

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・フィールドから、
「HERO」融合モンスターカードによって
決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
その効果は1ターンに1度、手札とフィールドから融合素材を墓地へ送り
「HERO」と名の付くモンスター1体を融合召喚するというものです。
このままではHERO限定の融合魔法ですが

 

 

自分の魔法&罠ゾーンに融合素材モンスターが永続罠カード扱いで存在する場合、
そのモンスターカードを除外して融合素材とする事もできる(最大2枚まで)。
魔法罠ゾーンに融合素材が永続罠として存在する場合に
それを除外して融合素材にする事も可能です。
基本的に永続罠として置く効果を持つのは
V・HEROぐらいであり(他は大体装備魔法とか永続魔法とか)
実質的に永続罠状態のV・HEROも融合素材にできる効果だと言えます。
永続罠のV・HEROを素材に出来るのは最大2枚までであり
3体の素材が必要なV・HERO トリニティーを融合召喚する場合
1体はフィールドか手札から融合素材にする必要がある点には注意してください。
V・HERO アドレイションなら永続罠のV・HEROのみで融合召喚可能ですが
こちらも効果の発動にはフィールドにもう1体HEROが必要です。

 

 

 

V・HERO以外の融合先としてはE・HEROアブソルートZeroあたりがあります。
こちらはV・HERO1体と水属性モンスター1体で出せます。
ブリキンギョあたりはヴァイオンと合わせて
ランク4のエクシーズ素材用にも使えるので併用しやすいでしょう。
V・HEROは何かとダメージをもらいやすいので
儚無みずきあたりを採用するのもありです。

 

 

除外するという点も活用しよう

基本的に永続罠のV・HEROは
HEROをリリースして特殊召喚する必要がある為、
HEROを場に出す手間というのが別途必要になってきます。
これは2体同時に特殊召喚できるV・HEROグラビートも同様です。
そんな中このカードは召喚権などを必要とせずに永続罠のV・HEROを活用できるので
特に永続罠に大量のV・HEROを用意できている時の利用手段として有用です。

 

また永続罠のV・HEROを除外するという点もポイントで
V・HEROグラビートの①の効果を活用する手段の1つにもなります。
それ以外にも闇次元の解放や竜嵐還帰などで
除外したV・HEROを上手く再利用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました