遊戯王カード考察:≪E-HERO(イービルヒーロー) アダスター・ゴールド≫待望のダーク・フュージョンサーチ来ました

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

E-HERO アダスター・ゴールド
効果モンスター
星4/光属性/悪魔族/攻2100/守 800
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
「E-HERO アダスター・ゴールド」以外の
「ダーク・フュージョン」のカード名が記されたカード
または「ダーク・フュージョン」1枚をデッキから手札に加える。
②:自分フィールドに融合モンスターが存在しない場合、このカードは攻撃できない。

 

イービルヒーローの新規となる光属性悪魔族のレベル4モンスターです。

E・HERO キャプテン・ゴールドがイービルヒーロー化したカードであり

種族が悪魔族になっている以外はレベル、属性、攻撃力守備力など一致しています。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

元のキャプテン・ゴールドに比べてマントがボロボロ、

そのスーツも全体的に豪華というか鋭角的になっています。

何気に背景が彗星になっているのもポイントです。

アダスターとは「より黒ずんだ」もしくは「黒ずんだ者」といった意味であり

その名が示す通りスーツも少し黒ずんでおり中二感が非常に高まっています。

 

 

あったよ!サーチカード!

スポンサーリンク

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
「E-HERO アダスター・ゴールド」以外の
「ダーク・フュージョン」のカード名が記されたカード
または「ダーク・フュージョン」1枚をデッキから手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、手札から捨てる事で

ダーク・フュージョン、もしくは同名カード以外で

テキストに「ダーク・フュージョン」のカード名が存在するカード1枚を

デッキから手札に加えるというものです。

元のキャプテン・ゴールド手札から捨てる事で

摩天楼 -スカイスクレイパー-をサーチする効果を持っており

それを意識したカードだと言えるでしょう。

 

該当するカードとしてはダーク・フュージョンの他に

現在「ダーク・コーリング」が当てはまります。

ダーク・コーリングは墓地に捨てたこのカードをそのまま融合素材に出来るので

何かと相性がいいです。

 

 

②:自分フィールドに融合モンスターが存在しない場合、このカードは攻撃できない。

②の効果は自分の場に融合モンスターがいないと攻撃できない制約です。

このカードは攻撃力2100と下級モンスターとしては高い数値を持っており

いわゆるデメリットアタッカーの一種ですね。

融合モンスターがいない時は①の効果でサーチ要員として活用し

余裕ができた時に攻撃要員にするといった使い方になるでしょうか。

 

 

エアーマンなどで手札に引っ張ってこよう

このカードの登場によりイービル・ヒーローの問題点の1つである

ダーク・フュージョンを手札に持ってくる手段の乏しさが改善されました。

E・HEROエアーマンでサーチも可能ですし

ダーク・コーリングで除外した後に

V・HEROグラビートで回収するなんて事も出来ます。

光属性なので救援光で除外ゾーンから手札に回収できるのもポイントです。

 

単純にメインデッキのイービル・ヒーローが増えるというのも嬉しい点です。

攻撃力も2100と下級モンスターとしては高めであり

E-HEROダーク・ガイアの素材としてもある程度選択肢に入ります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました