遊戯王カード考察:≪リンクアップル≫EXデッキを除外する為の使い方も出来る

スポンサーリンク

今回紹介するのはプロモーションパック2019よりこのカードです。

 

 

 

 

カード説明

リンクアップル
効果モンスター
星1/炎属性/サイバース族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分のEXデッキの裏側表示のカードをランダムに1枚選んで除外する。
除外したカードがリンクモンスターだった場合、
このカードを手札から特殊召喚する。
違った場合、このカードを手札から捨て、自分はデッキから1枚ドローする。
炎属性サイバース族のレベル1モンスターです。
枝の部分がアンテナのようになったカラフルなリンゴたちです。
名前の由来はコンピューター用語のリンクアップからだと思われます。
リンクアップとはコンピューターのような端末同士がお互いに通信可能な状態の事で
逆に通信が不可能な状態の事をダウンリンクと言います。
イラストで複数のリンゴがいるのは
それらがお互いに通信可能な状態になっているのを現しているのでしょう。

除外したカードによってそれぞれ別の効果が

[ad]

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分のEXデッキの裏側表示のカードをランダムに1枚選んで除外する。
除外したカードがリンクモンスターだった場合、
このカードを手札から特殊召喚する。
その効果は1ターンに1度、手札からこのカードを公開して発動、
表側表示でないエクストラデッキのカードをランダムで1枚除外し
それがリンクモンスターだった場合はこのカードを手札から特殊召喚する自己展開効果です。
エクストラデッキを1枚消耗しますが
リンクモンスターで統一していれば確実に特殊召喚が可能であり
ジェスター・コンフィに並ぶ手札から特殊召喚しやすい
レベル1モンスターとして運用が可能です。
このカードはサイバース族なのでトークバック・ランサーなど
サイバース族を素材指定するリンクモンスターの素材として活用できます。
違った場合、このカードを手札から捨て、自分はデッキから1枚ドローする。
そしてエクストラデッキからリンクモンスター以外を除外した場合、
公開したこのカードを手札から捨てる事でデッキから1枚ドローできるというものです。
1ターンに1度の制約こそありますが
相手のライフを回復しない成金ゴブリンのような使い方ができるでしょう。
こちらもエクストラデッキをリンクモンスター以外で統一していれば確実に発動でき
デッキ圧縮手段の1つとして機能します。

実は除外トリガーとしても活用できる

また発動時にエクストラデッキのカードを除外するので
除外された時に発動する効果のトリガーとしても機能します。
ある種除外版のゲール・ドグラや轟雷帝ザボルグのような使い方ですね。
該当するのは刀神-不知火や業神-不知火で
刀神-不知火であれば相手モンスターの攻撃力を500低下させる弱体化効果を、
業神-不知火であればトークンを生成する効果をそれぞれ発動可能です。
デッキ圧縮しつつこれらの効果を発動できるのは中々に美味しく
最初からエクストラデッキを活用しないデッキに組み込むのであれば
エクストラデッキをこれらで統一して確実に発動を狙うのも面白いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました