遊戯王カード考察:≪飛鯉(ひごい)≫フリーチェーンで手札を捨てられる点を活かそう

スポンサーリンク

本日5月11日、

「遊☆戯☆王デュエリストフェスティバル OSAKA 2019」開催です。

今回紹介するのはそこで配布される

プロモーションパック2019よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

飛鯉
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻 500/守 500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から水属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの攻撃力は500アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、
このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから魚族・海竜族・水族モンスター1体を特殊召喚する。
水属性魚族のレベル4モンスターです。
赤い鯉のぼりが水面から高く飛び上がっています。
名前の由来は「緋鯉」からでしょう。実に5月らしいモンスターです。

戦闘破壊出来ればデッキからシーラカンスが出せる、戦闘破壊出来れば

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から水属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの攻撃力は500アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
①の効果は1ターンに1度、手札から水属性モンスター1体を捨てる事で
自身の攻撃力を500アップさせる自己強化効果です。
攻撃力を上昇させる事は②の効果にも繋がりますが
いかんせん素の攻撃力が500しかないので戦力として期待するのは難しいです。
どちらかといえば海皇などの効果の発動トリガーとして
手札から水属性を捨てる効果がメインとなるでしょう。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、
このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから魚族・海竜族・水族モンスター1体を特殊召喚する。
②の効果は1ターンに1度、相手モンスターを戦闘破壊した時に
自身をリリースする事で手札かデッキから
魚族、海竜族、水族のいずれかに属するモンスター1体を特殊召喚するというものです。
①の効果で攻撃力を上昇させたとしても1000止まりなので
能動的に発動する場合は相手の場にサンドバッグを用意するか
もしくは他の手段も使って攻撃力を上げる必要が出てくるでしょう。
マスターボーイを複数枚並べたら案外戦闘破壊は狙えるんじゃないでしょうか。
効果を発動できた場合特殊召喚するモンスターとしては
大量展開に繋げられる超古深海王シーラカンスが筆頭となってくるでしょう。

フリーチェーンで手札を捨てられるカードとして

実際の所素のステータスが貧弱な事もあり
②の効果を上手く活かしていくのは中々に難しいでしょう。
ただ特筆すべき点としてフリーチェーンで手札から水属性を捨てられる点があり
水精鱗-サラキアビスと同じように各種海皇が持つ
水属性モンスターの効果の為に墓地へ送られた際の効果を相手ターンに発動できます。
このカードとサラキアビスを並べればある程度カードのステータスも補強できますし
どちらも1ターンに1度しか効果を発動できないので
相手ターンに2回海皇の重装兵を捨てて
相手の展開を妨害するといった芸当も可能になってきます。
またステータスが低い点も悪い事ばかりではなく
コストとなる水属性モンスターともどもサルベージで回収が可能です。
フリーチェーンで各種海皇や水精鱗-アビスグンデの効果を発動するカードとしては
サラキアビスよりも取り回しのいいカードとも言えるでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    ①の効果を活用するなら
    「月鏡の盾」「魔界の足枷」などはいかが

タイトルとURLをコピーしました