遊戯王テーマ考察:【V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー)】墓地から永続罠として現れる幻影のヒーロー

スポンサーリンク

漫画版遊戯王GXにおいてエド・フェニックスが使っていたテーマ、

【V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー)】

今までもV・HEROヴァイオンやV・HEROウィッチレイドなど

いくつかのV・HEROが細々と登場していましたが

COLLECTION PACK-革命の決闘者編-において多くのカードが一気に収録され、

とうとう正式にカテゴリ化される事になりました。

今回はそのV・HEROについて解説したいと思います。

 

 

カードリスト

スポンサーリンク

 

V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) ヴァイオン
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1200
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
②:1ターンに1度、
自分の墓地から「HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。

 

 

 

 

V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) ウィッチ・レイド
効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2700/守1900
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、
モンスターの代わりに自分フィールドの罠カードをリリースできる。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。
この効果を発動するターン、
自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

 

 

V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) インクリース
効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 900/守1100
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
墓地のこのカードを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
②:このカードが永続罠カード扱いの場合、
お互いのメインフェイズに、
自分フィールドの「HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
③:このカードが魔法&罠ゾーンからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の「V・HERO」モンスター1体を特殊召喚する。
V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) ポイズナー
効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 900/守 700
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
墓地のこのカードを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
②:このカードが永続罠カード扱いの場合、お互いのメインフェイズに、
自分フィールドの「HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
③:このカードが魔法&罠ゾーンからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのモンスター1体を選び、その攻撃力を半分にする。
V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) マルティプリ・ガイ
効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 800/守 700
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
墓地のこのカードを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
②:このカードが永続罠カード扱いの場合、お互いのメインフェイズに、
自分フィールドの「HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
③:このカードが魔法&罠ゾーンからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのモンスター1体を選び、その攻撃力を800アップする。
V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) ミニマム・レイ
効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1200/守 700
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
墓地のこのカードを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
②:このカードが永続罠カード扱いの場合、お互いのメインフェイズに、
自分フィールドの「HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
③:このカードが魔法&罠ゾーンからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのレベル4以下のモンスター1体を選んで破壊する。
V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) グラビート
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻 500/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
除外されている自分の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:このカードをリリースし、自分の魔法&罠ゾーンの
「V・HERO」モンスターカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを特殊召喚する。
V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) ファリス
効果モンスター
星5/闇属性/戦士族/攻1600/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカード以外の「HERO」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「V・HERO ファリス」以外の「V・HERO」モンスター1体を選び、
永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は「HERO」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) トリニティー
融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2500/守2000
「HERO」モンスター×3
①:このカードは直接攻撃できない。
②:このカードが融合召喚に成功したターン、
このカードの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。
③:融合召喚したこのカードは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。
V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー) アドレイション
融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2800/守2100
「HERO」モンスター×2
①:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体と、
このカード以外の自分フィールドの「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、
その自分のモンスターの攻撃力分ダウンする。
幻影解放(ヴィジョンかいほう)
通常魔法
①:自分の魔法&罠ゾーンの「V・HERO」モンスターカード1体を対象として発動できる。
そのカードを特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「V・HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
幻影融合(ヴィジョンゆうごう)
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・フィールドから、
「HERO」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
自分の魔法&罠ゾーンに融合素材モンスターが永続罠カード扱いで存在する場合、
そのモンスターカードを除外して融合素材とする事もできる(最大2枚まで)。

 

 

 

 

 

出幻(しゅつげん)
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの表側表示の「HERO」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の「V・HERO」モンスター1体を特殊召喚する。
その後、相手フィールドのモンスター1体を選び、
その元々の攻撃力・守備力を半分にできる。

テーマ特徴 幻影として現れる新たなHERO!

テーマの特徴を挙げると以下の通りです。

・主に1つ目の戦闘スーツに身を包んだヒーロー達のテーマである

・闇属性戦士族のテーマであり融合召喚を中心に積極的に狙っていく

・一部のカードはダメージをトリガーに墓地から永続罠として場におかれた状態となり

HEROをコストにして特殊召喚されたり融合の素材として利用される

・条件さえ満たせれば毎ターン魔法罠ゾーンに永続罠を用意できる

・で、M・HEROの方はどうなんですか?

 

様々な戦闘スーツに身を包んだ戦士といった風貌をしています。

多くのモンスターが頭部がモノアイ状になっているのが特徴です。

作中で「魔法罠ゾーンに幻影として現れる」と説明されており

元々は実在しない存在が人々のピンチ(ダメージ)によって

その姿を現し活躍するのかもしれません。

 

 

ダメージを受けると魔法罠ゾーンに姿を現す!

レベル3のV・HERO達が持つ共通の効果として

墓地に存在している状態でプレイヤーが何らかのダメージを受ける事で

永続罠として魔法罠ゾーンに配置されるというものがあります。

そして場のHEROをリリースする事で永続罠となっているV・HEROは特殊召喚され

それぞれの効果を発揮するという形になっています。

また他のレベルのV・HEROはまず布石となる墓地に送るヴァイオンだったり

罠カードをリリースしてアドバンス召喚できるウィッチ・レイドだったり

デッキから直接永続罠として魔法罠ゾーンにおけるファリスだったりと

様々な形でレベル3のV・HEROを支援、活用する形になっています。

魔法罠の方も永続罠のV・HEROを特殊召喚できる幻影解放に

永続罠のV・HEROを融合素材に出来る幻影融合と

「永続罠の状態のV・HERO」を活かす形のものが中心です。

 

 

準備さえ整えば墓地から大量に出現!

スポンサーリンク

 

・まずダメージを受ける事で墓地から永続罠として出現

・そこからHEROをリリースしたりして特殊召喚

という展開に少し複雑なパターンを要求しているテーマです。

その為このカードをしっかり活用するには

「V・HEROを墓地へ送る」

「そこからダメージを受けてV・HEROを魔法罠ゾーンに置く」

「永続罠状態のV・HEROを特殊召喚したり素材として活用する」

これら3つの要素を上手くこなしていく必要があります。

 

最初の墓地へ送るのはV・HEROヴァイオンだったり終末の騎士なりを使うといいでしょう。

次にダメージを受けてV・HEROを魔法罠ゾーンに置くのは

BF-精鋭のゼピュロスやEmトリック・クラウンのように

自発的にダメージを受けるカードや

BKベイルのように受けたダメージをフォローできるカードを上手く活用しましょう。

永続罠状態のV・HEROさえ用意できれば活用する方法は様々です。

単純にE・HERO シャドー・ミストやE・HERO エアーマン等リリースしてもいいですし

幻影解放やV・HERO グラビートで直接特殊召喚してもいいですし

幻影融合で直接融合素材にしてしまう手もあります。

またV・HERO ファリスはデッキから直接V・HEROを魔法罠ゾーンにおける為

最初の墓地へ送る手順を無視できるのでこれも上手く活用していきましょう。

 

土台を整えるのは少し手間ですが一度整えてしまえば毎ターン繰り返し魔法罠ゾーンに

大量のV・HEROを永続罠として用意する事が可能です。

そこからはまさに幻影のヒーローにおける舞台の始まりとなるでしょう。

 

 

個人的に相性がいいと思われるカード

マジック・プランター
通常魔法
①:自分フィールドの表側表示の永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

永続罠を墓地に送る事で2枚リリースできる通常魔法です。
V・HEROは墓地から繰り返し永続罠として出現させる事が出来る為
準備さえ整えればコストに困る事はなくガンガンドローしていく事が可能です。
H・C サウザンド・ブレード
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
「H・C サウザンド・ブレード」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、手札から「ヒロイック」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ヒロイック」モンスター1体を特殊召喚し、
このカードを守備表示にする。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は「ヒロイック」モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが墓地に存在し、
戦闘・効果で自分がダメージを受けた時に発動できる。
このカードを墓地から攻撃表示で特殊召喚する。

ダメージをトリガーに墓地から蘇生できるヒロイックの1体です。
自己蘇生条件がレベル3のV・HEROの永続罠になる条件と同じであり
Emトリック・クラウンを初めとする自発的にダメージを受けるカードを共有可能です。
ただこちらの蘇生効果は時の任意効果なのでタイミングを逃す可能性がある点には注意です。
破壊輪
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手ターンに、相手LPの数値以下の攻撃力を持つ
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを破壊し、
自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。
その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。

相手モンスターを破壊しつつお互いに攻撃力分のダメージを受ける通常罠です。
【V・HERO】においては使いやすい汎用除去カードであると同時に
能動的にダメージを受けて墓地から永続罠として出すトリガーとして活用可能です。
ただサウザンドブレードの方はタイミングを逃してしまうので
一緒に採用している場合には気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました