遊戯王カード考察:≪海晶乙女シースター(マリンセスシースター)≫再利用しやすい打点強化手段!

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

海晶乙女シースター
効果モンスター
星2/水属性/サイバース族/攻 800/守 400
このカード名の効果は1ターンに2度まで使用できる。
①:このカードを手札から墓地へ送り、
自分フィールドの「マリンセス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで800アップする。
マリンセスの1体となる水属性サイバース族のレベル2です。
VRAINSにおいてブルーメイデンがハル戦で使用し
その効果でマーブルド・ロックの攻撃力を強化しました。
アニメでは強化は永続でしたがOCG化に伴い1ターン限りと弱体化されています。
つんつんな青い髪が特徴的なボーイッシュな女性型モンスターです。
服装や首に付けたマフラーがどことなく忍者を思わせます。
シースターとはヒトデの事でその色合いからすると
アオヒトデがモチーフでしょうか?

マリンセスにおける戦闘の要

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに2度、手札から墓地に送る事で
そのターンの間マリンセス1体の攻撃力を800上げる強化効果です。
アニメで2回連続で発動していたことを考慮してか
1ターンに2度まで発動可能というちょっと珍しい制約になっています。
強化は発動したターンしか持たずコンバットトリックにも使えないものの
上昇値はかなり高めでありマーブルド・ロックに1度使えば攻撃力は3300、
2度発動する事が出来れば4100に到達します。
このカード1枚だけでもブルースラッグのリンク召喚に繋げつつ
あちらの攻撃力を2300にまで強化できる点は覚えておくといいでしょう。

こっちもこっちで強いんですよ?

1枚でLINK-3に繋げられるマリンセスシーホースに比べると
影が薄くなりがちなものの現在最高打点が2500の【マリンセス】にとっては
戦闘の要になってくれる結構重要な存在です。
ブルースラッグやマーブルド・ロックで墓地から回収可能なの含めて
強化カードとしては結構取り回しのいいものとなっており
割と積極的に発動していけるカードとなっています。
特に海晶乙女潮流を使う場合、打点を強化する点は発動機会の増加に直結してきます。
シーホースともどもサルベージに対応しており両方を墓地から回収する事で
あちらでマーブルド・ロックまで繋げつつ
こちらの効果を2回発動して4100打点に出来る事は覚えておいていいでしょう。
またもう1体水属性、例えば黄泉ガエルあたり用意する事が出来れば
それと合わせてシースターでもマーブルド・ロックまで繋げられます。
シーホースには劣りますがこちらはこちらで
十分水属性をメインとするデッキに採用していく事ができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました