『遊戯王レガシー・オブ・ザ・デュエリスト』感想その3 ARC-Vストーリークリアしました

スポンサーリンク

遊戯王LotDこと遊戯王レガシー・オブ・ザ・デュエリスト リンクエボリューション、

とりあえずアークファイブのストーリークリアまでは進めてみました。

というわけで一応今回の記事はネタバレ注意という事で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終回後のデュエルかと思いきや・・・

まあ結論からいうと特にクリアしたからといって何かあるわけじゃなかったです。

ある程度進めるとパックが解禁されるのと1戦ごとにチャレンジモードが追加されるので

一応それらがクリア特典と言えばクリア特典でしょうか。

最後のデュエルがプロデュエリストになった後の遊勝戦なのですが

別にストーリー的に何か追加があるわけでもなく

 

いや別の機会じゃなくてちゃんと描写しようよ!

そういう本編で語られなかった部分とかif展開とかが一番楽しみなのに!

というわけでストーリーに期待するのはあまりオススメしません。

 

 

まだ対戦する相手を反転させるリバスースデュエルの方はコンプリートしてないので

そちらも埋めれば何かあるかもしれませんがちょっと望み薄ですね。

 

アークファイブ編やってみたツッコミ所など

ちなみに例によって対戦相手は禁止カードも普通に使ってきます。

とはいえそこまでガチデッキというわけではなく難易度的には鬼畜と言う訳ではありません。

むしろそういったガチデッキはストーリー外のチャレンジデッキに揃っていますね。

ガチめのCPUと戦いたい場合はチャレンジデッキに挑むといいでしょう。

 

でも融合次元のスパイはちょっと自重しようか

繰り返す!当然の権利の様にヒグルミを3枚積みするのはやめろ!

 

 

まあ自分で使う事になるストーリーデッキも天使の施しとか当たり前にデッキに入っていたりしますが。

適当にプレイメーカーパックを買いあさって作ったサイバース族デッキを組んで戦ってみましたが

それですんなりとクリアしていく事が出来ました。

いやぁヴァレルロード・ドラゴンとトランスコード・トーカーは頼りになりますね。

あ、ちなみにARC-Vストーリーを後半まで進めると変えるようになる榊遊矢パックは

エンタメイトとエンタメイジ、あと魔術師関連が大体入っているのでこれを買いあされば

往年の悪夢のデッキ【EMEm】が組めるようになると思います。

ストーリーモードに禁止カードなんてないので楽をしたければ悪魔に魂を売りましょう。

遊戯王DMバクラパックとかも強欲な壺が入っていたりするので

往年の禁止カードを集めるならDM進めるのもオススメでしょうか。

 

 

ちなみに基本的にストーリーはかなりはしょられています。

ズァークが目覚めてランサーズと各次元デュエリストのコンビが戦う所なんかは

ソードマスターヤマトばりに一瞬で倒されていきます。

この流れはもはやギャグです。デュエルマスターズァークです。

 

 

まあ色々とアレな所もありますがなんだかんだで自分は楽しんでますね。

1戦1千ごとにまったく別のストーリーデッキで戦えるのは面白いですよ。

なんだかんだでどれも割と戦えるように組まれてますしね。

遊戯王初心者の人はまずはストーリーデッキで一通りやってみれば

気に入ったカードを見つけたり自分のデッキ組む手助けになると思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    ゲームでもARC-VはARC-Vだったか

タイトルとURLをコピーしました