遊戯王カード考察:≪ドロー・ディスチャージ≫ メタモルポッドあたり送り付けてしまおう

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ドロー・ディスチャージ
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手の効果で相手がカードをドローした時に発動できる。
相手がドローしたそのカードを全て確認する。
その中にモンスターカードがあった場合、
その攻撃力の合計分のダメージを相手に与え、
確認したカードを全て除外する。
汎用の通常罠です。
VRAINSにおいてプレイメーカーがGo鬼塚戦で使用し
Go鬼塚のスキル「アンチスキル」に対して発動する事で
ドローしたカードの除外とバーンダメージを狙いました。
茂古田未知夫!茂古田未知夫じゃないか!
茂古田未知夫にそっくりなリンクヴレインズのアバターが
カードに囲まれて電撃派のようなものを浴びています。
ディスチャージは放電や解放といった意味であり
効果を考えればドロー下カードから効果を食らっているのでしょう。
よく見るとモンスターカードである妖精伝姫-ターリアからは電撃が発生してますが
魔法カードであるキャッスル・リンクからは電撃が出ていません。
このあたりからもカードの効果がイラストとして再現されていますね。

もし相手がドローソースを使ってくる場合に

スポンサーリンク

 

その効果は相手自身の効果によって相手がドローした時に
そのドローしたカードを全て確認、
もしその中に1枚でもモンスターカードが存在していれば
ドローしたカードを全て除外、引いたモンスターカードの合計攻撃力分
相手にダメージを与えるというものです。
あくまでモンスターカードをドローしていない場合、
除外も発生しない点には注意してください。
よほど魔法や罠に偏ったデッキでもない限りは
2枚以上ドローすればそのうち1枚はモンスターカードである可能性は高いでしょう。
効果成功率と成功した時のリターンの両方の面で
相手が出来るだけ大量のドローをした場合に発動するのが望ましいです。
とはいえ実際に相手がドローカード、
それも複数枚ドローするカードを発動してくれるとは限らない為、
単純にドローに対するメタとしてはサイドデッキ向けになるでしょう。
強欲で貪欲な壺や強欲で金満な壺は比較的よく見かけるドローソースであり
これらを見かけた場合はサイドデッキから引っ張り出してもいいでしょう。

どうせなら自分から送り付けてしまおう

 

またいっその事自分から大量ドローに繋がるカードを送り付けて

積極的にこのカードを発動するといった手もあります。

特にオススメなのはリバース・リユースなどでメタモルポットを送り付け

太陽の書などで表側表示にしてしまう事です。

相手の手札を全部捨てた後にドローするので

上手く決まれば相手の手札を全て破壊できる上に5枚もドローするので成功率も高いです。

さらに5枚もの除外ともなれば相手に与えるダメージの期待値も相当に高く、

相手の引いたカード次第では1ターンキル級の攻撃も叩き出せます。

これに加えて自分の手札も補充を出来るので

ちゃんと手札を使っていればコンボに使った損失も補充できるでしょう。

他にもリバース・リユースと相性のいい

悪魔の偵察者やファイヤーソーサラーなども入れておけば柔軟性も広がります。

リターンは大きいので専用のデッキを組んでみる価値はあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました