『遊戯王レガシー・オブ・ザ・デュエリスト』感想その2 効率のいいポイントの稼ぎ方やオススメパックなど

スポンサーリンク

本日発売されましたニンテンドースイッチ用ゲーム、

『遊戯王デュエルモンスターズ レガシー・オブ・ザ・デュエリスト リンク・エボリューション』

正式タイトルが長いので公式でも「遊戯王LotD」という略称が使われていますね。

とりあえずアークファイブのストーリーを中心に進めております。

 

で、結局の所このゲームどうよ?

スポンサーリンク

 

ぶっちゃけた話あまりゲームの評判としてはよろしくない感じですね。

まあ音声ありませんしデュエル中にもキャラの演出とかありませんしね。

正直な所キャラクター目的で購入するのはあまりオススメしません。

ストーリーの掛け合いは原作準拠と思わせつつ細かい所で違いあるんですけどね。

 

あとカードプールに不満があるという意見も多いですね。

基本的にOCGとTCGどちらか片方しかないカードはありませんし

タッグフォース時代にはあったオリカなども今回どうやらなさそうです。

ただ個人的にはこのあたりは好意的な解釈してます。

OCGとはまた違う環境でデュエルするというのも独特の面白みがあるものですし

といってもまだ自分もカード集めてる段階なので

ちゃんとした形でオンライン対戦するのは先になりそうですが。

 

ただまあレスポンス周りの改善は欲しいかなとは思っています。

ゲームスピードの調整やムービースキップあたり今後実装して欲しいですね。

 

オススメの稼ぎ方

さてデッキを組むにはカードを集めなければなりません。

そしてこのゲームではカードを集める為には

各キャラクターと対戦してそのキャラクターが使うカードを獲得したり

デュエルをする事で得られるデュエルポイントを溜めて

それを消費して各キャラクターの名前を冠したブースターパックを購入する事になります。

でまあこの手のポイント稼ぎというのは何かしら効率のいい溜め方があるもので

この遊戯王LotDの場合は何かといいますと・・・

 

デュエルが開始したらすぐにサレンダーをする事です

デュエルに勝てば多くのポイントやカードを獲得する事が出来ますが

敗北してもある程度のポイントやカードを獲得する事が可能です。

そして時間効率を考えれば普通にデュエルで勝つよりも

開始してすぐにサレンダーする方がお得だったりします。

さらに効率的な稼ぎ方が見つからない限りは

デュエル直後にサレンダーをするというデュエリストの風上にも置けない行為こそが

ポイント稼ぎの定石となってくるでしょう。

対戦するデュエリストは欲しいカードを持っている相手でいいですが

オススメを挙げるならGo鬼塚やブルーメイデンあたりですね。

それぞれ剛鬼とトリックスターという強力なテーマを使ってくるので

これらのカードを集める事が可能です。

 

最初に購入するのにオススメのパック

さてポイントが得られたら今度はブースターパックを購入する事になりますが

これはストーリーを進めていく事で少しずつ解禁されていきます。

まだ自分も全部解禁したわけではないのでちゃんとした事は言えませんが

そんな中個人的にオススメと言えるのが「Playmaker」パックです。

これはヴレインズのストーリーを進めればすぐに購入可能になりますし

特にサイバース族やヴァレルロード・ドラゴンなどのモンスターが充実しており

リンク召喚の要素が欲しい場合には特にオススメのパックです。

剛鬼やトリックスター、オルターガイストなども手に入るので

これらのデッキを使いたいという場合にもオススメです。

というかVRAINS用のパックがこれ1種類しかないので

VRAINSのカードが大体これに詰まっているんですよね。

 

ちなみに全部のリンクモンスターが収録されているわけじゃなくて

例えば閃刀姫なんかは黒咲隼パックにあります。

コメント

  1. 匿名 より:

    その剛鬼のサーチ効果3つでチェーン組むとSwitchフリーズするって聞いて戦慄してるぞ……
    急な出費でSwitch買えなくなってお預けになってたけどそれが結果オーライと言えちゃう状況が金貯まるまで続いてないといいんだけどねえ……

  2. 匿名 より:

    僕の場合はフリーズはしなかったので、当たり外れがあるのでしょうか…

  3. 匿名 より:

    スイッチの場合、フリーズが起こる前にゲームを終了するので
    そのフリーズが起こると言うのはデマの可能性が高いかと

タイトルとURLをコピーしました