遊戯王カード考察:≪天威の龍仙女(てんいのりゅうせんにょ)≫ 制約にさえ気を付ければ幻竜族全般で使える

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

天威の龍仙女
リンク・効果モンスター
炎属性/幻竜族/攻1600/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

幻竜族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨て、自分の墓地の幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「天威」モンスター以外の
EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターの効果を発動できない。
②:効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
天威の1体となる炎属性幻竜族のLINK-2です。
天威の中では現在唯一の効果を持つリンクモンスターとなります。
鉄扇を二刀流で構えを取る長い黒髪を持つ中華風の女性です。
設定的には天威の鬼神の弟子、天威の拳僧の姉弟子にあたる人物で
弟弟子と力を合わせて鬼神と化した師匠を止めるというのが
天威のストーリーになっています。

制約には注意

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:左下/右下】
幻竜族モンスター2体
リンク素材には幻竜族2体を指定しています。
【天威】であればカテゴリに属するモンスター全てが該当する上に
手札から特殊召喚できるカードばかりなのでリンク召喚に困る事はないでしょう。
途中で天威の拳僧のリンク召喚を挟めば召喚権すら使いません。
またタツノオトシオヤや幻煌の都 パシフィスで生成されるトークンもリンク素材にできます。
他の方法としてはレスキューラビットから幻殻竜2体を特殊召喚する方法もあります。
リンクマーカーは斜め下2つとEXモンスターゾーン向きの配置です。
EX召喚枠の確保に役立つ配置ですが①の効果発動時に発生する制約には注意が必要です。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨て、自分の墓地の幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「天威」モンスター以外の
EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターの効果を発動できない。
①の効果は手札1枚を捨てる事で墓地の幻竜族1体を特殊召喚する蘇生効果です。
メインデッキの天威モンスターはいずれも墓地から除外して発動できる効果を持つので
この効果の為に手札コストにしても損失は少ないです。
【天威】ではこの効果で出した蘇生した天威の拳僧を蘇生して
共に天威の鬼神のリンク素材となったり天威の拳僧をこのカードでサポートするの
基本的な立ち回りとなってきます。
効果を発動したターンは天威以外のEXデッキから特殊召喚されたモンスターは
効果を発動できなくなるので源竜星-ボウテンコウあたりを採用している場合は気を付けましょう。
ただあくまで「EXデッキから特殊召喚している場合」に効果が無効化されるので
墓地から蘇生する分には問題ありません。
既にボウテンコウが墓地に落ちている場合蘇生候補として有力です。
ちなみに現在天威に属する効果モンスターはこのカードのみです。
ただそのおかげでこの効果を発動しても問題なく②の効果に繋げられます。

天威におけるメイン除去手段!

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②の効果は1ターンに1度、
効果を持たないモンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に
相手のカード1枚を破壊できるというものです。
【天威】においては天威の拳僧や天威の鬼神を横に並べればいいので
発動機会に困ることはなく主力の除去手段として活用できます。
効果を持たないモンスター全般を大きくサポートできる効果ですが
このカード自身は効果モンスターなため相手に積極的に狙われる点には注意です。
基本的に相手ターンでは上手く発動が狙えないので
自分ターンに効果を発動したらそのままリンク素材などにするといいでしょう。

天威以外の他の幻竜族デッキにも

総じて【天威】において展開力と除去の両方で主軸になってくるカードです。
自身は効果モンスターなため各種天威が持つ
効果を持たないモンスターへのサポートを受ける事ができませんが
自身もまた効果を持たないモンスターをサポートする効果を持ち
自分よりも師匠や弟弟子の顔を立てる奥ゆかしいお姉さんだと言えます。
また幻竜族全般でリンク召喚が狙え
①の効果も幻竜族の展開をサポートしてくれるものとなっています。
蘇生する幻竜族のレベルの指定が無く効果も無効にしない為
特にタツノオトシオヤや龍大神、獄楽鳥など
大型の幻竜族を蘇生する手段として重宝します。
【メタファイズ】には通常モンスターである
メタファイズ・アームド・ドラゴンがいるので②の効果も積極的に活用できます。
【竜星】でも源竜星-ボウテンコウなどの蘇生手段として非常に有用ですが
①の効果の制約には注意が必要です。
フィールドで効果を発動しなくても問題ないモンスターをEXデッキから出したり
ある程度展開してEXデッキからモンスターを出した後に
①の効果を発動するといった工夫をしましょう。
いざという時②の効果の発動を狙う為に
効果を持たないモンスターを採用しておくのも吉です。
大地の騎士ガイアナイトや天威の鬼神あたりなら出すのも難しくないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました