遊戯王カード考察:≪妖仙獣 飯綱鞭(ようせんじゅう イズナムチ)≫ ダイバカゼと合わせれば召喚無効も召喚反応も問題なし!

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)よりこのカードです。

 

カード説明

妖仙獣 飯綱鞭
効果モンスター
星4/風属性/獣戦士族/攻 800/守1200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
このターン、「妖仙獣」モンスターの召喚・特殊召喚成功時に
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
②:自分フィールドに他の「妖仙獣」モンスターが存在する場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
③:このカードを召喚したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

 

 

妖仙獣の新規となる風属性獣戦士族のレベル4です。

縄を鞭のようにしならせる長髪イケメンなイタチの獣人です。

飯綱(イズナ、イイズナ)とはイタチ科の動物の名前であり

このカードの場合「綱」という文字も意識してますね。

 

 

相手の妨害を妨害せよ

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
このターン、「妖仙獣」モンスターの召喚・特殊召喚成功時に
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

①の効果は1ターンに1度、自身を手札から捨てる事で

そのターンの間妖仙獣モンスターを召喚か特殊召喚した時の

相手の魔法、罠、モンスター効果の発動を封じるというものです。

これにより奈落の落とし穴などの召喚反応罠を恐れる事なく

各種妖仙獣を展開していく事が可能となります。

また魔妖仙獣 大刃禍是とは特に相性がよく

大刃禍是をペンデュラム召喚する場合、この効果では防げない

神の警告などの召喚無効化系の発動も防ぐ事が可能となる為

より隙の無い展開が可能となります。

 

 

シンプルにアドバンテージを確保できる

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドに他の「妖仙獣」モンスターが存在する場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

②の効果は1ターンに1度、他の妖仙獣が自分の場にいれば

デッキから1枚ドローできるというドロー促進効果です。

妖仙獣は召喚権を積極的に増やせますし

ペンデュラム召喚も狙えるので発動機会には困らないでしょう。

こちらはフィールドで発動する効果なので①の効果とはトレードオフになりますが

手札に2枚あれば片方を①の効果、もう片方を②の効果と分担してもいいでしょう。

①の効果でこのカードを捨てた後に墓地から蘇生する手もあります。

 

 

③:このカードを召喚したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

③の効果は召喚したターンのエンドフェイズに手札に戻るセルフバウンスです。

下級の妖仙獣ではお馴染みとも言える効果ですね。

あくまで通常召喚時で特殊召喚時は手札に戻らない点も同様です。

このカードのステータスが低く戦闘破壊されやすいですし

各種バウンスをトリガーとする効果の発動にも使えるので

このセルフバウンスはメリットになる事の方が多いでしょう。

毎ターン召喚してはドロー効果を発動して手札に戻るといった事が狙えます。

 

 

大刃禍是とセットでどうぞ

まだ展開の盤面が整っていない間は②の効果で手札を補充し

しかける準備が出来上がったら①の効果で他の妖仙獣をサポートする

といった感じに使い分けていくといいと思います。

前述の通り魔妖仙獣 大刃禍是の、

それもペンデュラム召喚時との相性が高いカードであり

どちらかと言えばペンデュラム軸の妖仙獣向けのカードだと言えます。

とはいえ通常召喚軸の妖仙獣でも

召喚反応罠などを恐れる必要が無いというのは実にありがたく

相手としては妖仙獣を処理する選択肢がさらに狭まる事になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました