遊戯王カード考察:セクステット・サモン ひどい発動条件だけど割といけます それでどの種族で狙うのがいいだろう?

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

セクステット・サモン
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
元々の種族が同じモンスター6種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)を
それぞれ1体ずつ選んで除外する。
その後、除外したモンスターと元々の種族が同じモンスター1体を
デッキ・EXデッキから特殊召喚する。
汎用の通常魔法です。
六角形の魔法陣に6色の炎が立っており
その中央から悪魔が這い出ようとしています。
この6色はそれぞれのペンデュラムの色だと考えていいでしょう。
まさにセクステット(六重奏)の召喚ですね。
ペンデュラムを現す炎がちゃんと黄色と緑で2色なあたり凝ってます。

やっぱりこういう時には轟雷帝ザボルグ

その効果は1ターンに1度、自分の手札、墓地、フィールドから

元々の種族が同一の儀式、融合、シンクロ、エクシーズ、ペンデュラム、リンクの

6種類のモンスターを1種類ずつ除外する事でデッキかエクストラデッキから

除外した6種類と同じ種族のモンスターを特殊召喚するというものです。

かなり無茶苦茶な事いってる発動条件ですね

勿論普通に6種類全部召喚して容易するのは大変なんてものじゃありませんし

そもそも割に合いません。

また召喚条件までは無視しない点には注意してください。

コズミック・ブレイザー・ドラゴンあたりは出せません。

そんな時に頼りになるのはやっぱりこの人、轟雷帝ザボルグです。

轟雷帝ザボルグを使えばエクストラデッキから大量に墓地に送れるので

これで融合、シンクロ、エクシーズ、リンクの用意が可能です。

この時虹光の宣告者を墓地へ送れば儀式モンスターをサーチできるので

儀式モンスターの準備も整います。

後はペンデュラムですがドラゴン族、魔法使い族、悪魔族は

エクシーズペンデュラムなりシンクロペンデュラムなりが存在するので

それをエクストラデッキから送ればペンデュラムの条件も整います。

この3種族であれば発動条件を満たすのは十分に狙えます。

 

で、結局何出そうか

スポンサーリンク

 

ただ魔法使い族、悪魔族は正直このカード使ってまで出したいカードがあまり思い浮かびません。

せいぜい出すとしてWW-クリスタル・ベルとか

DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドンとかそのあたりでしょうか。

オススメとなるのはドラゴン族ですね。

高い制圧力を持ち破壊されてもPゾーンで活躍できる覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン

同じく高い制圧力を持ちアタッカーとしても有力なクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン、

リンクマーカーの確保用に闇鋼龍 ダークネスメタルと色々選択肢があるので

一番実用的に活用できる種族と言えるでしょう。

 

もし召喚条件を無視出来たらもっといろいろな選択肢があったのにと思うと惜しいですね。

ただこの手のカードは今後シンクロなり融合なりで

強力なカードが出れば化ける可能性があるので今後の動向にもチェックですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました