遊戯王カード考察:双星神 a-vida(そうせいしん アヴィダ) 今度のラスボスは割と出しやすい!

スポンサーリンク

本日4月13日、いよいよRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)の発売です。

今回紹介するのはそのライジング・ランペイジよりこのカードです。

 

 

カード説明

双星神a-vida(アヴィダ)
特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/サイバース族/攻3500/守3500
このカードは通常召喚できない。
お互いのフィールド・墓地に
リンクモンスターが8種類以上存在する場合のみ特殊召喚できる。
このカードを特殊召喚するターン、自分は他のモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードの特殊召喚は無効化されない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカード以外の、お互いのフィールド・墓地のモンスター及び
除外されているモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
創星神 sophia創星神 tierraに続く
デュエルターミナル世界、第3のラスボスです。
やぱり星神器デミウルギアはラスボスじゃありませんでしたね。
「そうせいしん」という読み方は同じですが漢字が違っており
「創星神」ではなく「双星神」となっています。
種族はサイバース族で攻撃力守備力は創星神2体の丁度中間となる
両方とも3500となっています。
下半身が円錐のような形状の青い炎を纏ったような形状です。
デミウルギアの時点でクリフォートを思わせる装飾がありましたが
このカードの場合はさらにあからさまですね。
所で右腕部についている剣、アストラムのそれによく似ているような・・・。
もしかしたアストラム、吸収されちゃったんでしょうか。
Avidaというのは人工生命のプラットフォームの一種で
人工生命プログラム「Tierra」に触発されて
カリフォルニア工科大学にて開発されました。
この事からこの双星神 a-vidaもを元に
何者かが人工的に作り出したものである可能性があります。

あれ?今回思ったより出しやすいぞ

スポンサーリンク
このカードは通常召喚できない。
お互いのフィールド・墓地に
リンクモンスターが8種類以上存在する場合のみ特殊召喚できる。
このカードを特殊召喚するターン、自分は他のモンスターを特殊召喚できない。
特殊召喚モンスターであり
お互いのフィールドと墓地にリンクモンスターが
8種類以上存在する場合に特殊召喚が可能です。
一筋縄ではいかない召喚条件なのは確かですが
「儀式、融合、シンクロ、エクシーズの4種類を場に揃えろ」とか
「手札とフィールドに合計カードを10種類用意しろ」とかよりは
はるかに有情な召喚条件だと言えます。
轟雷帝ザボルグで自分自身を破壊すれば
それだけでエクストラデッキからリンクを8枚墓地へ送り条件を達成できます。
またリンク召喚に特化したデッキ、特にサイバース族であれば
ある程度エクストラデッキの種類をばらけさせ連続リンクを成立させていれば
意外と普通に召喚条件を達成できるでしょう。
相手もリンク召喚を駆使していればなおさら条件を達成しやすいです。
ただし特殊召喚するターン、他の特殊召喚を行えない制約には注意が必要です。
既に特殊召喚をしている場合このカードを出す場合、
次のターンまで待つ必要があります。

出しやすい代わりに効果もちょっと控えめ

①:このカードの特殊召喚は無効化されない。
①の効果は特殊召喚を無効化されないという召喚保証です。
過去の2体の創星神も持っている効果であり
せっかく出したのに神の警告などで打ち消される心配がありません。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカード以外の、お互いのフィールド・墓地のモンスター及び
除外されているモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
②の効果は特殊召喚に成功した場合に
自身以外のフィールド、墓地、除外ゾーンのモンスターを
チェーン不可で全てデッキに戻すというものです。
過去の2体の創星神と違い除外ゾーンまでリセットしますが
その一方で手札には干渉せず、また魔法罠もデッキに戻しません。
人工的に作られた存在からなのか過去の2体の創星神と比較すると
ややパワーが控えめになっています。

手札が多い時にこそ出したい

出せば勝てるという程の効果ではありませんが
それでもチェーン不可で場と墓地をリセットしてしまうのは強力無比で
相手が手札に防御札を持っていなければ3500打点でぶん殴れます。
また相手の手札に干渉しないのと同時にこちらの手札にも影響がない為、
相手よりも手札に余裕がある時に特殊召喚が出来れば
それだけで大きな有利を取る事が可能です。
逆に言えば相手より手札が少ない場合で出したとしても
あまり有利にはならないという事でもあります。
ただこのカードを特殊召喚するのではなく
出来るだけ手札に余裕がある状態で出したい所です。

特殊召喚は封じられても・・・

このカードには他の創星神と違い特殊召喚するターンには
他のモンスターを特殊召喚できない制約がありますが
手札が残る関係でこのカードを出して場をがら空きにした後に
さらに展開して容易に1キルするというのを防ぐ為でしょうね。
ただし通常召喚であれば問題なく可能であり
機界騎士アヴラムあたりを2000打点を通常召喚すれば
合計で5500ダメージのダイレクトアタックが可能です。

所で・・・本当にラスボスですよね?

ある程度専用の構築こそ必要になりますが
それでも現実的に十分実戦で出せる召喚条件です。
盤面をリセットするカードとしては文句なしの性能であり
このカードを主軸に添えたデッキも十分に組めるでしょう。
【双星神 a-vida】といった感じの専用デッキを組んでみるのも面白いです。
決してロマンなだけの神ではありません。
そしてストーリー的にもこのラスボスに対抗する存在が気になる所ですね。
星杯を巡るストーリーもいよいよ終盤といった感じですし、
主人公サイドは果たしてどんなカードが出てくるのでしょうね。
あと「双星神」っていう名前が妙に気になるんですよね。
もしかしてもう1体同じ様なのいたりしません?

コメント

  1. ターンU より:

    このa-vida再生の核石しか持っていないこととデミウルギアの白い方の弧しか持ってないことからもう一体いる説が濃厚だと思います

タイトルとURLをコピーしました