遊戯王テーマ考察:【海晶乙女(マリンセス)】 水属性全般に出張できる親和性の高い女の子たち

スポンサーリンク

ブルーエンジェル改めブルーガール改めブルーメイデンが

かつての親友、美憂のパートナーであるアクアと接触した事で手に入れた

新たなるサイバース族テーマ、その名も海晶乙女(マリンセス)!

今回はそのマリンセスについて紹介したいと思います。

 

 

カードリスト

海晶乙女(マリンセス)シーホース
効果モンスター
星3/水属性/サイバース族/攻1400/守1000
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは「マリンセス」リンクモンスターの
リンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚できる。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から水属性モンスター1体を「マリンセス」リンクモンスターの
リンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

海晶乙女(マリンセス)シースター
効果モンスター
星2/水属性/サイバース族/攻 800/守 400
このカード名の効果は1ターンに2度まで使用できる。
①:このカードを手札から墓地へ送り、
自分フィールドの「マリンセス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで800アップする。

 

海晶乙女(マリンセス)ブルースラッグ
リンク・効果モンスター
水属性/サイバース族/攻1500/LINK-1
【リンクマーカー:下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
レベル4以下の「マリンセス」モンスター1体
自分は「海晶乙女ブルースラッグ」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
「海晶乙女ブルースラッグ」以外の自分の墓地の
「マリンセス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。

 

海晶乙女(マリンセス)コーラルアネモネ
リンク・効果モンスター
水属性/サイバース族/攻2000/LINK-2
【リンクマーカー:左/下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
水属性モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の攻撃力1500以下の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
「海晶乙女コーラルアネモネ」以外の
自分の墓地の「マリンセス」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

海晶乙女(マリンセス)マーブルド・ロック
リンク・効果モンスター
水属性/サイバース族/攻2500/LINK-3
【リンクマーカー:左/右/下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
水属性モンスター2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「海晶乙女マーブルド・ロック」以外の
自分の墓地の「マリンセス」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
②:相手モンスターの攻撃宣言時に、
手札から「マリンセス」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
モンスターはその戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

 

海晶乙女波動(マリンセス・ウェーブ)
通常罠
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドに「マリンセス」リンクモンスターが存在する場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
自分フィールドにリンク2以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
さらに自分フィールドの全ての表側表示のモンスターはターン終了時まで、
相手の効果を受けない。

 

海晶乙女潮流(マリンセス・カレント)
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
①:自分の「マリンセス」リンクモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
その自分のモンスターのリンクマーカーの数×400ダメージを相手に与える。
自分フィールドにリンク2以上の「マリンセス」モンスターが存在し、
相手リンクモンスターを破壊した場合には、
破壊されたモンスターのリンクマーカーの数×500ダメージをさらに相手に与える。

 

 

 

テーマ特徴

テーマの特徴をまとめると以下の通りです。

・海洋生物をモチーフとした女の子たちのテーマである

・水属性サイバース族のテーマでリンク召喚を軸とする

・水属性全般を補助する効果が多く他の水属性を混ぜやすい

・手札1枚からLINK-3まで出せてさらにアドまで稼げる

・トリックスターから乗り換えた影響でギタースイートがぼっちバンドに

 

タツノオトシゴやウミウシ、イソギンチャクなど

様々な海洋生物をモチーフにした女の子モンスター達です。

ブルーメイデンが使用するモンスター達ですが

恐らくは元々はアクアのテーマとして使われていたのでしょう。

Aiもいくつか人間に近い姿のモンスターを活用していましたが

マリンセスはそれ以上に人間に近い姿のモンスターで揃えられています。

もしかしたらアクアの人間に対する感受性の強さを表しているのかもしれませんね。

 

 

シーホース1枚から一気にLINK-3まで

サイバース族らしくリンク召喚を軸として扱っていくテーマとなっていますが

マリンセスはその中でもことさらリンク召喚に特化したテーマとなっています。

キーカードとなるのは海晶乙女シーホースで

このカード1枚あればアニメで実際に行ったように

シーホース召喚→シーホース素材にブルースラッグをリンク召喚

→墓地からシーホース回収→自身の効果でシーホース特殊召喚

→2体を素材にコーラルアネモネをリンク召喚→その効果でシーホース蘇生

→2体を素材にマーブルド・ロックをリンク召喚

→コーラルアネモネの効果で墓地からシーホース回収

と実質的な手札損失なしでLINK-3を出す事が可能になっています。

この上でさらにマーブルド・ロックの効果も残っている為

水属性しか特殊召喚できなくなる制約こそあるものの

リンク召喚の効率とそのアドバンテージ確保能力は

全テーマの中でも指折りの性能となっています。

 

 

他の水属性デッキも混ぜやすい

またシーホースとコーラルアネモネはマリンセスに限らず

水属性全般で活用できる効果を持っています。

コーラルアネモネとマーブルド・ロックは水属性全般を素材にでき

また専用の罠である海晶乙女波動と海晶乙女潮流も

リンクモンスターのマリンセスに影響を及ぼす効果である為

極論EXデッキにマリンセスがいるだけでも活用が可能です。

現時点でメインデッキに入るマリンセスのモンスターが2体しかいないのもあり

積極的に他の水属性と混ぜて行く方がいいでしょう。

マリンセスには除去手段の類がないので

そのあたりを他のカードで補っていきましょう。

というよりは今の状態であればむしろ他の水属性デッキに

シーホースをはじめとするマリンセスを出張させる形になるでしょうか。

それだけでも水属性にとってアドバンテージを確保してくれる存在となるので

ある種【召喚獣】や【ウィンド・ウィッチ】に近いテーマと言えるでしょうか。

 

 

アニメテーマな事もあり今後も新規カードの登場は見込めます。

特に作中でも特別な存在であったクリスタル・ハートや

切り札と言えるワンダー・ハートが来ないのは

エンタメイジで言えばトラピーズ・ハイマジシャンが来ないようなものなので

今後登場してくれる可能性は高いと言えるでしょう。

現時点でも出張要因として十分に優秀なテーマですが

将来性にも期待が持てるテーマとなっています。

 

 

個人的に相性がいいと思われるカード

 

黄泉ガエル

魔法罠が無い時に毎ターン墓地から蘇生できる水属性モンスターです。

コーラルアネモネとマーブルド・ロックは水属性全般を素材にできるので

単純にリンク素材として活用しやすいです。

また専用罠の海晶乙女波動と海晶乙女潮流は条件を満たせば手札から発動可能なので

そういう意味でも黄泉ガエルと組み込みやすいです。

 

貪欲な壺

墓地のモンスター5体をデッキに戻しつつ2枚ドローできるカードです。

マリンセスは連続でリンク召喚を行うテーマの例にもれず

エクストラデッキの消耗が激しくエクストラデッキが枯渇しやすいです。

ある程度長いターンの間戦いを続けたいのであれば

このカードのようなEXデッキに戻す手段は用意しておいた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました