遊戯王カード考察:ゲット・アウト! ニート切れる!邪魔者2人をフィールドから追い出せ

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGEよりこのカードです。

 

 

 

ゲット・アウト!
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:EXデッキから特殊召喚された
相手フィールドのモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

 

 

汎用の通常罠です。

「いい加減にしろお前ら!」

「あべばー!」

「コンナハズハー!」

恐らくイラストはにらみ合いの続きなのでしょう。

アルケミック・マジシャンとアカシック・マジシャンが

シャイニート・マジシャンの部屋で喧嘩を続けていたのか

とうとうシャイニートがぶちギレて2人を無理やり追い出しています。

ゲットアウトとは「外出する」や「逃げ出す」などの意味がありますが

この場合「出ていけ!」の意味合いが正しいでしょう。

カード名にエクスクラメーションマークがついているあたり

ゲットライド!を意識したネーミングだと思われます。

 

 

その効果は1ターンに1度、

エクストラデッキから特殊召喚された相手モンスター2体を

デッキに戻してしまうというものです。

言うなれば効果範囲が限定された代わりに

バウンスする対象が2体に増えた強制脱出装置です。

汎用性としてはあちらに譲りますがこちは2体同時にバウンス出来るので

上手く決まれば大きなアドバンテージを獲得する事が可能です。

このカードを使うのであれば例えば亜空間物質転送装置などで

一時的に除外されたモンスターであっても

「エクストラデッキから特殊召喚された」という情報が残る為

このカードの効果対象に含まれるルールは覚えておくといいでしょう。

 

 

相手がエクストラデッキのモンスターを2体並べてくれないといけないので

基本的にはサイドデッキ向けのカードとなります。

エクストラデッキからの特殊召喚に制限のある新マスタールールにおいて

仮想敵となるのはやはりリンク召喚を狙うデッキであり

特に【デコード・トーカー】や【トロイメア】、【クローラー】あたりは

複数のリンクモンスターを並べるのが普通なので狙い目となるでしょう。

他にもまずEXモンスターゾーンにリンクモンスターを出して

EX召喚枠を確保しつつメインモンスターゾーンに

融合なりシンクロなりエクシーズなりを出してくるデッキも狙い目です。

今では割と色んなシンクロテーマやエクシーズテーマに

サポート用のリンクがいるのでそういったテーマが狙い目ですね。

ペンデュラム召喚を狙うテーマも

リンクモンスターでEX召喚枠を確保する事が多いので

このあたりも狙い目でしょうか。

 

 

上手くハマる相手には強力なカードなのは間違いありませんので

環境や相手を見極めて使いこなしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました