遊戯王カード考察:ローグ・オブ・エンディミオン 好きな永続魔法をデッキから

スポンサーリンク

Vジャンプ5月号が3月21日に発売されます。

今回紹介するのはそれの付録としてついてくるこのカードです。

 

 

 

 

ローグ・オブ・エンディミオン
効果モンスター
星3/炎属性/魔法使い族/攻1500/守 200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
②:このカードの魔力カウンターを1つ取り除き、
手札から魔法使い族モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから永続魔法カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
このターン、
自分はこの効果でセットしたカード及び同名カードの効果を発動できない。

 

 

炎属性魔法使い族のレベル3モンスターです。

金色の仮面が眩しい赤と黒の装飾に身を包んだエンディミオンです。

全体的にトッキントッキンなナイフを逆手で二刀流してるのが口調的です。

ローグというのはならず者や悪漢といった意味ですが

RPGにおいてはシーフの上位職としてよく用いられる言葉でもあります。

恐らくこのカードもシーフをイメージしてのネーミングでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカードに魔力カウンターを1つ置く。

①の効果は1ターンに1度、召喚特殊召喚に成功した場合に

自身に魔力カウンターを1つ置くというものです。

②の効果の発動に必要であり1ターンに1体しかカウンターが乗らないので

同名カードを同一ターンに並べるのはあまり好ましくありません。

特にペンデュラム召喚を行う時などには注意しましょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードの魔力カウンターを1つ取り除き、
手札から魔法使い族モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから永続魔法カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
このターン、
自分はこの効果でセットしたカード及び同名カードの効果を発動できない。

②の効果は1ターンに1度、

自身の魔力カウンター1つと手札の魔法使い族1体をコストにする事で

デッキから永続魔法を自分の魔法罠ゾーンにセットできます。

ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-の中では

魔法都市の実験施設がセットする候補となるでしょうか。

セットしたターンには発動できない事を考えると

魔術師の再演あたりをセットするのも除去された時の保険になります。

 

 

②の効果は永続魔法全般をデッキから引っ張ってこれる汎用性の高い効果であり

コストとなる魔法使い族を確保できるなら様々なデッキで活用が可能です。

魔法使い族テーマ用の永続魔法としては

【ウィッチクラフト】であればウィッチクラフト・スクロールや

ウィッチクラフト・バイストリートを持ってくることができますし

【魔術師】であれば星霜のペンデュラムグラフが、

【魔導書】であれば魔導書院エトワールが、

【霊使い】であれば憑依覚醒が、

【ブラック・マジシャン】であれば黒の魔導陣が、

【魔導獣】であれば魔導研究所がそれぞれサーチ可能です。

他に次元の裂け目あたりも持ってこれるので

メタビート系のデッキに採用する手もあります。

デッキから永続魔法を引っ張ってくる手段としては

他に番猫-ウォッチキャットなどもいるのでデッキに合わせて使い分けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました