遊戯王カード考察:エンプレス・オブ・エンディミオン 何気に攻撃力1850なのがポイント

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-よりこのカードです。

 

 

 

 

エンプレス・オブ・エンディミオン
ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻1850/守2700
【Pスケール:青2/赤2】
①:自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
②:このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
手札の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体と
Pゾーンのこのカードを特殊召喚し、
その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。
【モンスター効果】
自分は「エンプレス・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドの他の魔力カウンターが置かれているカード1枚と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その自分及び相手のカードを持ち主の手札に戻す。
その後、自分フィールドから手札に戻したカードに置かれていた数だけ
魔力カウンターをこのカードに置く。
②:魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。

 

 

光属性魔法使い族のレベル7ペンデュラムです。

金の装飾が鏤められた純白のローブを来た魔法使いです。

背中にある円状の装飾品が特徴的です。

エンプレス(女帝)を冠していますが

彼女が魔法都市エンディミオンで一番偉い人なのでしょうか。

エンディミオンのモンスターはいずれも目元を隠していますが

彼女場合は仮面というよりは兜的なもので目元を覆っています。

 

 

①:自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。

ペンデュラム効果の①は自分か相手が魔法カードを発動する度に

魔力カウンターを1つ置くというものです。

魔力カウンターの増加条件としては実にポピュラーなものであり

マギステル・オブ・エンディミオン、サーヴァント・オブ・エンディミオンも

同様のペンデュラム効果を持っています。

もう片方にスケールをセットすればそれでも魔力カウンターが溜まるので

積極的にスケールをセットしていくスタイルと相性がいいです。

 

 

②:このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
手札の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体と
Pゾーンのこのカードを特殊召喚し、
その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。

ペンデュラム効果の②は自身の魔力カウンターを3つ取り除く事で

手札から魔力カウンターを置けるモンスター1体を

このカードと共に特殊召喚しつつ、その両方に魔力カウンターを1つ置きます。

これまたマギステルやサーヴァントと同じく

他のモンスターと共に自身を特殊召喚するペンデュラム効果ですが

EXゾーンから特殊召喚するマギステル・オブ・エンディミオンや

デッキから特殊召喚するサーヴァント・オブ・エンディミオンと違い、

こちらは手札からと一番アドバンテージを確保しにくい形になっています。

ただ上記2枚と違い自身が最上級モンスターなので

このカード自身を特殊召喚できる意義が大きくなっています。

 

 

①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドの他の魔力カウンターが置かれているカード1枚と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その自分及び相手のカードを持ち主の手札に戻す。
その後、自分フィールドから手札に戻したカードに置かれていた数だけ
魔力カウンターをこのカードに置く。

モンスター効果の①は特殊召喚した場合に

魔力カウンターが置かれている自分のカード1枚と

相手のカード1枚を手札にバウンスし戻した自分のカードの魔力カウンターの分、

自身に魔力カウンターを置くというものです。

効果の発動自体は②のペンデュラム効果から狙う事が可能ですし

相手ターンに特殊召喚が狙えれば相手の展開を妨害する役目も担えます。

相手ターンに特殊召喚できる手段としては

マギステル・オブ・エンディミオンのモンスター効果の他に

ペンデュラム・リボーンやマジシャンズ・サークルなどがあります。

 

 

②:魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。

モンスター効果の②は魔力カウンターがある状態で戦闘破壊された時に

デッキからエンディミオンと名の付くカードを手札に加えるサーチ効果です。

この手の効果では珍しく同名カードもサーチ可能になっています。

戦闘破壊でないと効果の発動が狙えないので

能動的に発動を狙う場合は自爆特攻も視野にいれておくといいでしょう。

このカードをEXデッキに送っておけば

ペンデュラム召喚から再び①のモンスター効果を狙う事も可能です。

 

 

何気に攻撃力1850の魔法使い族であり

妖精伝姫-カグヤの効果でサーチ可能であり

憑依覚醒がある状態で特殊召喚すればドローも狙えます。

今回のストラクチャーデッキで登場するエンディミオン達は属性がばらけているので

憑依覚醒による攻撃力上昇も狙いやすくそういう意味でも相性がよかったりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました