遊戯王カード考察:ファイアウォール・ガーディアン なんだかんだ①の効果だけでも強いです

スポンサーリンク

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。

 

 

 

ファイアウォール・ガーディアン
効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻 100/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがサイバース族リンクモンスターの
リンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:自分と相手のリンクモンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時に
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その攻撃を無効にし、その相手モンスターはターン終了時まで、
元々の攻撃力が0になり、自身以外のカードの効果を受けない。

 

 

闇属性サイバース族のレベル4モンスターです。

VRAINSにおいてプレイメーカーがGo鬼塚戦で使用し

クロック・リザードのリンク素材になった事で墓地から自己蘇生し

更にファイアウォール・X・ドラゴンのエクシーズ素材となり

その効果でファイアウォール・ドラゴンの効果を無効にし

ダイナレスラー・キング・Tレッスルの攻撃力を0にしました。

ファイアウォール・ドラゴンを少し小型化し

さらにワイバーン型にしたような姿をしています。

いかにもファイアウォール・ドラゴンの眷属ですって感じですね。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがサイバース族リンクモンスターの
リンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

①の効果は1ターンに1度、

サイバース族リンクのリンク素材として墓地に送られた場合に

墓地から自身を特殊召喚する蘇生効果です。

フィールドから離れた場合に除外される制約は

例によってエクシーズ素材にする事で回避する事が可能であり

その場合は②の効果に繋げていく事が可能です。

まずはリンク召喚を行ってEX召喚枠を確保しておいて

その後蘇生したこのカードもう1体レベル4を出して

ランク4のエクシーズ召喚に繋げるといいでしょう。

ただ除外される事を考慮しても連続リンクに利用するのも十分有用です。

このカード1体でもリンク・ディサイプルや

転生炎獣ベイルリンクスなどへのリンク召喚が可能であり

実質このカード1枚でLINK-2のリンク召喚が可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分と相手のリンクモンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時に
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その攻撃を無効にし、その相手モンスターはターン終了時まで、
元々の攻撃力が0になり、自身以外のカードの効果を受けない。

②の効果は1ターンに1度、

お互いのリンクモンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に

墓地からこのカードを除外する事でその攻撃を無効、

さらにそのターンの間戦闘を行った相手リンクモンスターの攻撃力を0にし

自身以外のカードを受け付けない完全耐性を付与するというものです。

①の効果を発動していれば自分の場にリンクモンスターはいるはずなので

あとは相手の場にリンクモンスターがいるかがカギとなってきます。

これに関しては今の環境がリンク召喚主流なのも幸いして

結構発動が狙える機会というのは多いでしょう。

アニメでやったようにリンクモンスターを最初に攻撃させて相手を弱体化、

次の本命のモンスターで代打イメージを与えるという使い方が基本になりますが

相手が攻撃を仕掛けてきた場合でも発動できるので

リンクモンスターを相手リンクの攻撃から身を守る手段としても機能します。

 

 

①と②の効果を両方活かそうと思った場合、

リンク召喚とエクシーズ召喚のギミックを同時に取り入れる必要がありますが

前述したようにこのカード1枚でのリンク召喚も可能なので

ランク4のエクシーズ召喚を狙える構築であればそれでなんとかなったりします。

サイバース族であればバランサーロードやグリッド・スィーパーが

ランク4のエクシーズ召喚に向いていますが

特化するならサイバース族に限定せずともいいでしょう。

②の効果は攻撃を無効にする関係で特にダブル・アップ・チャンスと相性がよく

No.39 希望皇ホープ・ダブルから素の希望皇ホープ以外に重ねる場合でも

ダブル・アップ・チャンスを無駄なく活用する事が可能となります。

 

 

なんだかんだ②の効果は相手がリンクを用意しないと機能しないので

いっそ割り切って①の効果だけを頼りに運用するのもいいでしょう。

単純に2体分のリンク素材として活用できるカードとして優秀ですし

闇属性なので除外した場合も闇次元の解放で再利用が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました