遊戯王カード考察:X・HERO(エクストラヒーロー) クロスガイ 実質ドレッドバスター救済カード

スポンサーリンク

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。

 

 

 

X・HERO クロスガイ
リンク・効果モンスター
闇属性/戦士族/攻1600/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

戦士族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、
自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:自分フィールドの「D-HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターとカード名が異なる
「HERO」モンスター1体をデッキから手札に加える。

 

 

エクストラヒーローの新規となるLINK-2です。

トゲトゲの鎧をつけ赤く光る十字上の武器を両腕に取り付けた戦士です。

多分形状からしてこの武器飛ばしたら戻ってくる奴ですね。

プロペラ状にして飛行とかもできそうです。

〇〇ガイというデステニーヒーローと同様の名付け方がされており

効果からもデステニーヒーローを強く意識したエクストラヒーローです。

 

 

【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体

このカードの効果を発動するターン、
自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。

リンク素材には戦士族2体を指定しています。

戦士族全般でリンク召喚が狙えますが効果を考えれば

【D-HERO】で使うのが基本となってくるでしょう。

リンク召喚は自体はそこまで難しくありませんが

このカードが持つ制約として効果を発動するターン

HEROしか特殊召喚できなくなる点には注意してください。

発動「する」ターンなのでこのカードをリンク召喚する前にも

HERO以外を特殊召喚すると効果が発動できなくなりますので

HERO以外の戦士族を素材にするのはちょっと難しいです。

 

リンクマーカーは斜め下に2つです。

EXモンスターゾーン向きのリンクマーカーであり

融合召喚やマスク・チェンジを積極的に活用する場合に重宝します。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、
自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

①の効果はリンク召喚した場合に

墓地からデステニーヒーローを特殊召喚する蘇生効果です。

D-HEROをリンク素材にしていれば

自然と墓地に蘇生対象が存在しているでしょう。

そのままX・HERO ドレッドバスターのリンク召喚に繋げる事も出来ますし

②の効果の為のリリース要員にする事も可能です。

特にダイヤモンドガイは蘇生して効果を発動して素材にといった動きが出来るので

蘇生対象として効果的です。

また蘇生できるD-HEROに制限はないので

既に墓地にあればディストピアガイなども蘇生可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、
自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分フィールドの「D-HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターとカード名が異なる
「HERO」モンスター1体をデッキから手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

自分のD-HERO1体をリリースする事で

それとは別のHEROをデッキから手札に加えるサーチ効果です。

このカード自体はD-HEROではないので

自身をリリースして発動はできない点には注意です。

リリースするD-HEROは①の効果で蘇生させる他に

自身の効果で蘇生したドローガイやディアボリックガイを使う手もあります。

またリリースするカードこそD-HEROに限定されていますが

サーチ対象はD-HEROに限定されていません。

エアーマンやシャドーミストのサーチも行える点は覚えておくといいでしょう。

 

 

D-HERO融合モンスターの蘇生やドレッドバスターの繋ぎ、

特定のHEROをサーチしたい場合など色々な場面で役立つカードです。

特にドレッドバスターはこのカードが登場したおかげで

使いやすさがぐっと増したといえるでしょう。

LINK-2と出しやすい事もあり

とにかくコンスタントに活用していけるHEROです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました