遊戯王カード考察:方界降世(ほうかいごうぜ) ヴィジャム3体ポンとくれたぜ

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONよりこのカードです。

 

 

 

方界降世
通常罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
デッキから「方界胤ヴィジャム」1体を特殊召喚し、
攻撃対象をそのモンスターに移し替えてダメージ計算を行う。
②:自分のLPが相手より2000以上少ない場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「方界胤ヴィジャム」1体を選んで特殊召喚する。
相手フィールドにのみモンスターが存在する状態で発動した場合、
さらに「方界胤ヴィジャム」を2体まで選んで特殊召喚できる。

 

 

方界のサポートとなる通常罠です。

『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』において藍神が海馬戦で使用し

クリスタルドラゴンの攻撃対象を直接攻撃からヴィジャムに差し替えました。

OCG化に伴い墓地発動効果が追加されています。

方界の元となる四角いキューブが合わさり方界胤ヴィジャムを形作っています。

降世(本来は「こうせい」と読む)はあの世とか来世といった意味の言葉で

ヴィジャムが死後再び蘇る様を表しているのかもしれません。

 

 

①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
デッキから「方界胤ヴィジャム」1体を特殊召喚し、
攻撃対象をそのモンスターに移し替えてダメージ計算を行う。

①の効果は相手モンスターの攻撃宣言時に

デッキからヴィジャムを特殊召喚した上で

攻撃対象を強制的にそのヴィジャムに移し替えるというものです。

ヴィジャムには戦闘した相手モンスターに方界カウンターを置き

攻撃と効果発動を封じる効果を持っておりこれを不意打ち気味に狙う事が可能です。

守備表示で特殊召喚すれば(相手が貫通持ちでない限りは)戦闘ダメージも防げ

次の自分ターンにはヴィジャムを再び特殊召喚が可能となります。

デッキに特殊召喚するヴィジャムさえあれば実質的に

「相手1体の攻撃と効果を無効にしつつ次のターンにヴィジャムと特殊召喚する」

攻撃反応罠として活用できます。

攻撃反応罠なので発動前に除去されてしまう可能性はあるものの

それが破壊であればそれはそれで②の効果に繋げられるので

むしろ破壊される事上等で積極的に伏せていってもいいでしょう。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分のLPが相手より2000以上少ない場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「方界胤ヴィジャム」1体を選んで特殊召喚する。
相手フィールドにのみモンスターが存在する状態で発動した場合、
さらに「方界胤ヴィジャム」を2体まで選んで特殊召喚できる。

②の効果は1ターンに1度、

自分のライフが相手より2000以上下回っている場合に

墓地から除外する事で手札、デッキ、墓地の好きな場所から

ヴィジャム1体を特殊召喚するというものです。

相手フィールドのみにモンスターが存在するという

サイバー・ドラゴンの特殊召喚と同じ条件であれば

さらにもう2体おまけでヴィジャムを特殊召喚する豪華特典が発生します。

3体のヴィジャムを一気に並べられるという貴重な効果であり

方界超獣バスター・ガンダイルや方界超帝インディオラ・デス・ボルトの

特殊召喚に必要な方界3体という条件をこの効果1つで揃える事が可能です。

 

 

そもそも【方界】というのはとにかくヴィシャムを揃えてなんぼのテーマであり

①と②両方でそのヴィシャムを確保してくれるこのカードは

方界における事故率を飛躍的に減らしてくれる存在となるでしょう。

場合によっては一気に3体並べる事も可能であり

バスター・ガンダイルやインディオラ・デス・ボルトを

特殊召喚する難易度を大幅に下げてくれる存在です。

ただ①の効果がデッキからしか特殊召喚できない点には注意です。

上手く回っている場合デッキにヴィシャムがもうないというケースも出てきますし

そもそも②の効果で3体特殊召喚した場合もうデッキにヴィシャムはいません。

その場合①の効果は機能停止しますがかといって

ヴィシャムは墓地にいてくれたほうが何かとありがたいカードでもあるので

全部墓地にいったらいったで上手く回っていると割り切り

おろかな埋葬で直接このカードを墓地へ送るなり

手札に来た場合は方界法の①の効果で墓地に送るなりするといいでしょう。

 

 

また②の効果の相手の場にのみモンスターがいるという条件はともかく

自分のライフが相手より2000以上少ないという条件は中々に厄介です。

そもそも方界はバーンダメージを積極的に狙っていくテーマであり

ダメージ差で2000も相手に負けているというのは

かなり望ましくない状況ですしバーンダメージを稼げているほど

発動条件を満たしにくくなってしまいます。

バーンダメージを狙っていくのであれば

成金ゴブリンなどで相手にライフを献上するのも好ましくありませんし

かといってチキンレースなどで自分のライフを減らすというのも

今度は自分にもダメージを与える暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ

より自分の首をしめてくるようになります。

それを考えると【方界】の中でも

あまりバーンによるダメージを狙わない戦い方をした方が

このカードを使う上では都合がいいと考えられます。

つまりコンスタントにバーンダメージを稼ぐ方界帝軸よりも

連続攻撃で一気に勝負をつけに行く方界獣軸の方が

よりこのカードを活用しやすいと言えるでしょう。

まあ方界帝軸でも追い詰められた状態での逆転の一手と割り切るのも手ですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました