遊戯王カード考察:スノーマン・エフェクト 1ターンキルが十分狙えるコンバットトリック

スポンサーリンク

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。

 

 

 

スノーマン・エフェクト
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
そのモンスター以外の
自分フィールドのモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。
このカードを発動するターン、対象のモンスターは直接攻撃できない。

 

 

汎用の通常罠です。

スノーマンイーターの擬態である雪だるまが

本体そっちのけで木々や岩などを飲み込み巨大な塊になっています。

もはや本体にもどうにもならないのか隅っこで縮こまっています。

名前の由来はスノーボール・エフェクト(雪玉効果)からでしょう。

雪玉を転がすようにある何かが加速度的に膨れ上がる事を指す言葉で

日本語にも「雪だるま式」という非常によく似た言葉が存在します。

 

 

その効果は1ターンに1度、

発動したターンの間だけ自分のモンスター1体の攻撃力に

他の自分モンスター達の元々の攻撃力分を上乗せするというものです。

元々攻撃力が0であるスノーマンイーターが他のモンスターを巻き込みまくって

結果すんごい攻撃力になってしまった様子を表しているのでしょう。

他のモンスターの攻撃力を1体に集中するという意味では

ユニオン・アタックと共通していますが

通常魔法のあちらと違い罠カード故にすぐには発動できないものの

・他のモンスターも攻撃ができる

・直接攻撃こそできないがちゃんと戦闘ダメージが発生する

・フリーチェーン故にコンバットトリックとしても使える

と使い勝手が大幅に上がっています。

 

 

その効果から攻撃力の高いモンスターを複数並べるデッキ、

例えば高レベルのペンデュラム召喚を主体とするデッキなどでは

1万超えも十分に狙える攻撃力を叩き出す事も可能です。

特に覇王眷竜オッドアイズとは相性抜群であり

ペンデュラムモンスター3体ぐらい自分の場に並んでいれば

相手がどれを攻撃しても返り討ちで1ターンキルなんて状況が十分狙えます。

参考として攻撃力2500のペンデュラム3体並んでいた場合、

相手が攻撃力3000で攻撃してきた時にこのカードを発動すれば

合計攻撃力が7500になりさらに覇王眷竜オッドアイズで戦闘ダメージ倍にして

相手に9000のダメージを与えられます。うわあえぐい

 

元々の攻撃力を参照する関係上クリフォートとも高相性です。

クリフォートはペンデュラム召喚した場合攻撃力が下がるデメリットがありますが

このカードでは元々の攻撃力である2400や2800分の上昇が見込めます。

 

元々の攻撃力を参照するという意味では【聖刻】で使うのもオススメです。

各種聖刻で青眼の白竜を特殊召喚する事で

1体につき3000の攻撃力上昇をこのカードで見込めます。

聖刻龍-ドラゴンヌートを対象にすれば効果発動のトリガーにする事も可能です。

 

 

複数のモンスターこそ必要になるものの

コンバットトリックとしては非常にえげつない性能を持っており

相手を返り討ちにするだけでなく大ダメージを狙えるカードとなっています。

またその性質から「攻撃力の低いモンスターを攻撃力の高いモンスターで守りたい」

といった場合にもこのカードは有効に機能します。

フォッシル・ダイナ パキケファロあたりの戦闘で破壊されやすいモンスターを

このカードと他のモンスターで守るというのも面白いと思います。

下手に攻撃するとゲームエンドになりかねないカードなので

一度このカードを見せれば相手はこちらのモンスターが複数いる時には

相当に攻撃し辛くなると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました