覇王眷竜(はおうけんりゅう)オッドアイズ:遊戯王カード考察  ちゃんと覇王龍ズァークの効果で出せます!

本日4月15日、いよいよコード・オブ・ザ・デュエリストの発売日です。

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

覇王眷竜オッドアイズ
ペンデュラム・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
【Pスケール:青4/赤4】
①:自分フィールドの「覇王眷竜」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを破壊し、デッキから攻撃力1500以下のPモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
①:自分フィールドの「覇王眷竜」モンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分のPモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
③:自分・相手のバトルフェイズにこのカードをリリースして発動できる。
自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、「覇王眷竜オッドアイズ」以外の
「覇王眷竜」モンスターまたは「覇王門」モンスターを
合計2体まで選んで守備表示で特殊召喚する。

 

 

2色の眼持つ眷属よ!
その鋭き両目で捉えた敵を焼き尽くせ!
現れろ!覇王眷竜オッドアイズ!!

 

覇王龍ズァークの眷属となったオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンです。

元のオッドアイズよりレベルが1大きく「覇ッP」の相性で親しまれてます。

アークファイブにおいてズァークが使用していたカードであり

沢渡&クロウ戦において沢渡のペンデュラム召喚に合わせて

自身の効果で覇王眷竜ダークヴルム2体をリリースして特殊召喚され

その効果で戦闘ダメージを2倍にして沢渡とクロウのライフを削り切りました。

こいつも他の覇王眷竜に漏れずアニメにおいては

・デッキからもエクストラデッキからも自身の効果で特殊召喚

他のペンデュラムモンスターを攻撃できなくする攻撃制限

・ペンデュラムモンスターに1回だけ破壊耐性を与える

・フリーチェーンでエクストラデッキに移動して覇王眷竜2体を特殊召喚、

全ての相手モンスターの攻撃力を0にする

というこれがラスボスのカードだと言わんばかりの性能でしたが

このままOCG化するのはさすがにまず過ぎるので弱体化されています。

その一方でペンデュラム効果は少し使いやすくなっています。

 

他の覇王眷竜同様元のオッドアイズに比べると

緑のラインが光っておりまた色も全体的にくすんだ感じになっています。

胸部の青い球体も無くなっているので結構元のオッドアイズと違った感じに見えます。

 

 

ペンデュラム効果は自分の場の覇王眷竜1体をリリースする事で発動、

自身を破壊しつつデッキから攻撃力1500以下のペンデュラムをサーチできます。

元のオッドアイズペンデュラムと比較してコストが必要になった代わりに

エンドフェイズではなくすぐさま発動が可能になっています。

リリース対象としては覇王眷竜ダークヴルムが最も適切でしょう。

EXモンスターゾーンの確保とペンデュラム召喚の準備が整っていれば

損失したディスアドバンテージをすぐに取り戻す事も可能です。

 

 

 

モンスター効果は3つあります。

①は自分の場の覇王眷竜2体をリリースする事で

手札からこのカードを特殊召喚できるというものです。

普通にペンデュラム召喚する事も可能ですがレベルが8と少し面倒な為、

ダークヴルム経由でペンデュラム召喚を狙うケースもあるでしょう。

 

 

②は自分のモンスターが相手モンスターと戦闘する場合に

相手に与える戦闘ダメージを倍にするというものです。

元のオッドアイズペンデュラムドラゴンを強く意識した効果であり

効果を及ぼすのが自分のペンデュラム全体と広範囲化しています。

上手く覇王龍ズァークの戦闘ダメージを倍にできれば美味しいです。

 

 

③の効果は自分か相手のバトルフェイズ時にこのカードをリリース、

エクストラデッキに表側表示で存在する覇王眷竜か覇王門ペンデュラムを

2体まで選んで守備表示で特殊召喚するというものです。

エクストラデッキを特殊召喚する枠が無ければ1体までしか出せないものの

このカードが戦闘破壊されそうになった時にリリースする事で

戦闘によるダメージを防ぐといった芸当が可能です。

その際に覇王門零や覇王門無限を特殊召喚すれば

破壊してPゾーンに移動させるかそのまま放置するかの二択を相手に迫れます。

 

 

多くの効果が覇王眷竜や覇王門に関係している為

覇王眷竜ダークヴルムや覇王門を混ぜたデッキでこそ真価を発揮します。

魔界劇団や魔術師あたりにダークヴルムを混ぜておけば

このカードも活用しやすいでしょう。

 

 

メインデッキに直接入るモンスターであり特に召喚に条件も無い為か

他の覇王眷竜と比較するといくらか控えめな性能になっています。

しかし元のオッドアイズペンデュラムドラゴンより強化されている事は事実であり

また各種オッドアイズサポートに対応している点も魅力です。

またメインデッキに直接入れられるという事は

新マスタールールにおいてもエクストラデッキの枠に困らされる事なく

覇王龍ズァークの③の効果によってデッキから特殊召喚できるという事です。

他の覇王眷竜がEXモンスターゾーンの枠を確保する準備が必要だったり

そもそも覇王龍ズァークの効果では出せなかったりする中、

一番覇王龍ズァークに優しい覇王眷竜だと言えるでしょう。

これにはズァークさんもご満悦です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:巨神竜の遺跡

結構色々なデッキに使えるぞ!   巨神竜復活、続々と再録されるカードが判明して

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王者の調和(キングス・シンクロ)

大型シンクロで奇襲しろ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン):遊戯王カード考察

墓地も除外カードも全部デッキに戻す!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ワンダー・エクシーズ

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:烏合無象(うごうむぞう)(Cattle Call)

いくらでも悪用がききます   今回紹介するのはエクストラパック2016よりこの

記事を読む

遊戯王カード考察:ファーニマル・オクト

墓地アドバンテージと手札アドバンテージを両方キープ   今回紹介するのはフュー

記事を読む

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ ゴーストガールとして情報を盗

記事を読む

変則(トランスミッション)ギア:遊戯王カード考察  遊戯王初!相手とジャンケンするカード!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)オタス-K(ケー):遊戯王カード考察  見た目に恥じぬメイン盾、直接攻撃もこれで安心!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第68話『B・F(ビー・フォース)一斉蜂起』感想

遊戯王ARC-V68話の感想です。 シンジVS月影、これほど勝敗が読めない対戦カードも中々あり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
亡龍の戦慄(ぼうりゅうのせんりつ)-デストルドー  単純にレベル7チューナーとしても便利な上に自己蘇生効果つき

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

→もっと見る

    • 4,386,098 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑