遊戯王カード考察:相愛のアンブレカム サルベージ対応の釣り上げ効果持ちチューナー

スポンサーリンク

今回紹介するのはリミテッドパック 2019より

ある意味クリスマスに相応しいこのカードです。

 

 

 

相愛のアンブレカム
チューナー・効果モンスター
星3/水属性/魔法使い族/攻 500/守1500
①:このカードが召喚に成功した時、手札を1枚捨て、
自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

 

水属性魔法使い族のレベル3チューナーです。

コロボックルか妖精の類と思われるリア充共が花で相合傘をしています。

もうお互い見つめあってリア充オーラ全開ですね。

ここまでリア充してるモンスターなんてあとは竜宮のツガイぐらいです。

名前の由来はアングレカム・セスキペダレ+アンブレラ(傘)だと思われます。

アングレカム・セスキペダレとはイラストで相合傘にしている花で蘭の一種です。

距(花弁の後ろ側にある出っ張った部分でここに蜜が溜まっている)が長く

この花から蜜を吸えるように進化した蛾が発見された事から

共進化のモデルとしてピックアップされる花です。

花言葉は「祈り」「いつまでも一緒」とプロポーズに送る花として人気があります。

まさにリア充に相応しい花だと言えるでしょう。

 

 

その効果は通常召喚成功時に手札1枚を捨てる事で

墓地のレベル4以下のモンスターを効果無効守備表示で特殊召喚する蘇生効果です。

蘇生効果を持つチューナーという点では

ジャンク・シンクロンヤデブリ・ドラゴンに近い性質を持っていますが

手札コストが必要であり単純にアドバンテージを稼げる類ではありません。

またエクストラデッキからシンクロモンスターしか出せなくなる制約があり

水晶機巧-ハリファイバーのリンク召喚などには繋げられません。

このカードを使うのであれば素直にシンクロ召喚を狙う事になるでしょう。

その代わりとも言うべきかレベル4以下なら何でもOKと蘇生範囲は広く

クリッターや黒き森のウィッチなどフィールドから墓地へ送られる事で

効果を発動するモンスターを蘇生しそれをシンクロ素材にする事で

ディスアドバンテージを軽減する事が可能です。

 

またこのカードが水属性であるという点も見逃せません。

まず白闘気一角などの水属性チューナーを指定するシンクロの素材になれますし

フィッシュボーグ-プランターを使う【水フルモン】など

水属性以外を採用し辛いデッキにも安心して投入が可能です。

また水属性なので手札コストが必要な点も各種海皇が持つ

「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合」

に発動する効果のトリガーにできるので一概にデメリットとも言えません。

それに加えて攻撃力も500と低いのでサルベージで墓地から回収も可能です。

これらのように水属性である点を上手く活かせるデッキであれば

このカードを採用する価値は大いにあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました