遊戯王テーマ考察:転生炎獣(サラマングレイト)ベイルリンクス 転生リンク召喚がものすごくやりやすくなりました

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-よりこのカードです。

 

 

 

転生炎獣ベイルリンクス
リンク・効果モンスター
炎属性/サイバース族/攻 500/LINK-1
【リンクマーカー:下】
\ ↑ /
←   →

レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。
②:自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

サラマングレイトの新しい仲間となるLINK-1です。

 

 

 

んー・・・これはベイルリンクスだ。

私はあまりタフガイなモンスターは好きではない。

だがこれが攻防に優れたリンクモンスターである事は認めるよ。

丸くなっているようなポーズを取った猫型のロボットです。

背中にいくつもとりつけられたブースターが特徴的です。

リンクスは山猫を意味する言葉でベイルはいくつかの意味があるのですが

②の効果を考えると「脱出」や「逃走」の意味合いだと思われます。

 

 

【リンクマーカー:下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体

リンクマーカーにはレベル4以下のサイバース族1体を指定しています。

転生炎獣は勿論の事それ以外のサイバース族も素材にできます。

炎属性以外のサイバースを炎属性に変換できるので

フレイムアドミニスター同様、他のサイバース族を出張させている場合に

それらを転生炎獣リンクの素材にしたい場合のつなぎとして機能します。

また夢幻崩界イヴリースを送り付けられた場合も

それを素材にこいつをリンク召喚可能です。

 

リンクマーカーは下方向に1つあります。

このカードが場にあっても融合やエクシーズ召喚は問題なく可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、リンク召喚に成功した場合に

サラマングレイト・サンクチュアリをデッキから手札に加えるサーチ効果です。

サラマングレイト・サンクチュアリはサラマングレイトの要とも言える

転生リンク召喚に大きく関わってくるカードであり

転生リンク召喚の安定性を大きく高めてくれるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

②の効果は1ターンに1度、自分の場のサラマングレイトが

戦闘破壊や効果で破壊される場合に

墓地のこのカードを除外する事で身代わりになれるというものです。

サラマングレイトのエースカードは耐性の類を持っていらっしゃらないのばかりであり

それらの場持ちをある程度高めてくれます。

特に転生炎獣ヴァイオレットキマイラに疑似的な破壊耐性を付与できる事は

1ターンキルの成功率に直結してくるでしょう。

また魔法罠を破壊から守ることも可能であり

①の効果でサーチしたサラマングレイト・サンクチュアリの維持にも貢献してくれます。

 

 

露骨に強いカードですねこれは

はっきりいってLINK-1というのはただそれだけで一定の価値があるカードですが

このカードはサーチ効果、身代わり効果とLINK-1として大盤振る舞いの性能です。

特に転生リンク召喚のサポートとしては素晴らしいカードであり

手札にサイバース・ガジェット1枚と墓地に蘇生用のサイバース族があれば

このカードとフレイム・アドミニスターを経由する事で

転生炎獣ヒートライオの転生リンク召喚まで繋げられます。

 

適当なサイバースをサラマングレイトに変換する手段としても優秀であり

【転生炎獣】にサイバース・ガジェットやバックアップ・セクレタリーなどを

より採用しやすくなるでしょう。

間違いなく【転生炎獣】の強化に貢献してくれる存在であり

今回のストラクチャーデッキで転生炎獣はまさに生まれ変わる事でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました