遊戯王カード考察:転生炎獣(サラマングレイト)ヴァイオレットキマイラ 脳筋効果+脳筋効果+脳筋効果=相手は死ぬ

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

転生炎獣ヴァイオレットキマイラ
融合・効果モンスター
星8/炎属性/サイバース族/攻2800/守2000
「サラマングレイト」モンスター+リンクモンスター
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分だけアップする。
②:このカードが元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスターと
戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ倍になる。
③:「転生炎獣ヴァイオレットキマイラ」を素材として融合召喚したこのカードと
戦闘を行うモンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ0になる。

 

 

サラマングレイトの新しい仲間となる炎属性サイバース族のレベル8融合モンスターです。

ヴレインズにおいてソウルバーナーがブルーガール戦で使用し

フュージョン・オブ・ファイアによってブルーガールの

トリックスター・ディーヴァリディスを奪う形で融合召喚され

その効果で攻撃力を9700にまで上昇、

トリックスターバンド・ギタースイートを一撃の元に粉砕しつつ

ブルーガールのライフを根こそぎ削り取りました。

 

 

逆関節に動物の頭部となっている左腕、炎の翼を纏う骨のようなウィングが特徴的な

紫のボディを持つ獣型ロボットです。

よく見ると2本の尻尾も先端がヘビみたいになっていますね。

 

 

「サラマングレイト」モンスター+リンクモンスター

融合素材にはサラマングレイト1体とリンクモンスター1体を要求しています。

サラマングレイト用の融合魔法であるヒュージョン・オブ・ファイアは

相手フィールドのモンスターも融合素材にする事が可能であり

相手にリンクモンスターがいればそれを奪い取る事が可能です。

リンク召喚を多用する相手であれば狙える機会は多いでしょう。

勿論超融合を使って相手のリンクモンスターを奪うのも効果的です。

相手がリンクモンスターを出していない場合であっても

それほど融合召喚は難しくありません。

サイバネット・フュージョンにも対応しているので

墓地のリンクモンスターを素材に融合召喚をしてもいいでしょう。

 

 

①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分だけアップする。

①の効果は融合召喚に成功したターンの間、自身の攻撃力を

融合素材にしたモンスター2体の攻撃力合計の半分上昇させる自己強化効果です。

攻撃力1200のモンスター2体を素材にした場合でも攻撃力4000まで到達可能であり

4000以上の攻撃力を確保するのはそれほど難しくありません。

あくまで融合召喚したターンしか攻撃力が上昇しない為

特に超融合などで相手ターンに融合召喚した場合は気を付けましょう。

 

 

②:このカードが元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスターと
戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ倍になる。

②の効果は元々の攻撃力と違うモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に

地震の攻撃力をダメージ計算時の間だけ倍にする自己強化効果です。

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロを彷彿とさせる発動条件ですね。

③の効果から相手の攻撃力変動を狙う以外にも

星遺物を巡る戦いアモルファージ・ライシスあたりでも発動が狙えます。

またアンダークロックテイカーのリンク召喚をすれば

融合素材を揃えつつ相手の攻撃力を下げる事も可能です。

ダメージ計算時に発動する関係上コンバット・トリックと同時に活用も可能で

収縮などで相手の攻撃力を下げると同時にこのカードの攻撃力を倍にすれば

大ダメージが期待できます。

 

 

③:「転生炎獣ヴァイオレットキマイラ」を素材として融合召喚したこのカードと
戦闘を行うモンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ0になる。

③の効果は同名カードを素材に融合召喚した場合

戦闘を行うモンスターの攻撃力をダメージ計算時の間だけ0にするというものです。

転生炎獣おなじみの転生効果であり転生リンク召喚、転生儀式召喚に続く

転生融合召喚とも言うべき効果です。

一度ヴァイオレットキマイラを融合召喚した後に

再度それを素材に融合召喚を狙うのは中々大変ですが

融合識別を利用する事で比較的楽にこの効果の条件を満たす事が可能です。

ほぼ戦闘に置いて無類の強さを発揮できるだけでなく②の効果の発動条件にもなると

転生融合召喚を狙うだけの価値は十分にある効果となっています。

なお発動する効果ではない為たとえSNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニングだろうが

問答無用で攻撃力を0にしてしまう事が可能です。

 

 

耐性の類もアドバンテージを確保する効果の類も一切所持していませんが

3つの効果全てが戦闘に関係する効果という

脳筋に全振りしている非常に男らしいカードです

転生融合召喚をしている状態で①の効果で攻撃力4000以上を確保している場合

攻撃表示のモンスターに攻撃できればそれで1ターンで相手のライフを削り取るという

非常に殺意に満ち溢れたカードとなっています。

その攻撃力4000もある程度攻撃力の高いリンクモンスターを素材にすればというか

正規のこのカードを素材に転生融合召喚をすればそれだけで攻撃力4200は確保できるので

つまり普通に出して普通に殴るだけで相手が死ぬという殺意の高さです

ただその為には攻撃表示の相手モンスターがフィールドに残っている必要がある為、

特に相手のリンクモンスターを素材にしたい場合には注意しておきましょう。

 

 

それにしても転生リンク召喚、転生儀式召喚と来て今度は転生融合召喚まで来ました。

この調子なら転生シンクロ召喚や転生エクシーズ召喚なんかもしないかちょっと期待ですね。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:スターダスト・チャージ・ウォリアー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第144話『呪われし機械仮面(ギアマスク)』感想

遊戯王ARC-V144話の感想です。 黒咲とデュエルをする為にエクシーズ次元へと旅立った遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王者の調和(キングス・シンクロ)

大型シンクロで奇襲しろ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン、オッドアイズ・フュージョン

ディメンション・オブ・カオスのカードも次々と判明してきましたね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン

純正のトゥーンでは使いづらい、だが・・・   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ジェット・オーガ 繋ぎとして最適なLINK-2剛鬼

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:墓穴の指名者 手札誘発メタとしても墓地メタとしても使える

ドラゴンボールファイターズβ版プレイしましたが楽しかったです。 こういう初心者に配慮されてる格

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリボルバーのデュエル。 そ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・スピノス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話『相容れない兄妹』感想

遊戯王VRAINS77話の感想です。   前回のあらすじ:アースのお墓

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ここまで脳筋に全振りしてるといっそ清々しい(笑)

  2. 匿名 より:

    サイバースクロックドラゴンといい
    サイバース族の融合は脳筋揃いですね

  3. 大平直樹 より:

    リボルバーもシンクロしたしプレイメーカーもこれからシンクロするしソウルバーナーもシンクロしますね。
    転生シンクロ有り得ますね。
    シンクロ好きにはたまらないです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,271,874 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑