遊戯王カード考察:炎星仙(えんせいせん)-ワシンジン ブルキを出張させれば他の獣戦士族デッキにも

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

 

 

 

炎星仙-ワシンジン
リンク・効果モンスター
炎属性/獣戦士族/攻1700/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

獣戦士族モンスター2体
自分は「炎星仙-ワシンジン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が「炎星」モンスターの効果を発動する場合、
自分の手札・フィールドの「炎星」カード及び
「炎舞」カードを墓地へ送らずに効果を発動する事もできる。
②:自分のフィールド・墓地の「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、デッキから「炎星」モンスター1体を墓地へ送る。

 

 

炎星の新規となるLINK-2です。

右手にお札を、左手にハンマーを携えたヒゲの濃いダンディです。

モチーフは恐らく水滸伝に登場する羅真人(らしんじん)だと思われます。

間炎星-コウカンショウの元となった公孫勝の師匠にあたる仙人です。

 

 

【リンクマーカー:左下/右下】
獣戦士族モンスター2体
自分は「炎星仙-ワシンジン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、

リンク素材には獣戦士族2体を指定しています。

【炎星】のみならず獣戦士族デッキ全般でリンク召喚が狙えますし

【炎星】でも熱血獣士ウルフバークを素材にできるのはポイントです。

エクシーズ素材を使い切った間炎星-コウカンショウを素材にするのもいいでしょう。

 

リンクマーカーは斜め下に2つというEXモンスターゾーン向けの配置です。

エクシーズ召喚やシンクロ召喚を積極的に行う炎星にはありがたいです。

 

 

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が「炎星」モンスターの効果を発動する場合、
自分の手札・フィールドの「炎星」カード及び
「炎舞」カードを墓地へ送らずに効果を発動する事もできる。

①の効果はこのカードが場にいる間、

炎星や炎舞を墓地へ送って発動する炎星の効果を発動する場合に

その墓地へ送るコストを踏み倒せるというものです。

実際にコストとなるカードが手札や場になくても発動可能となり

これらのコストを必要とするカードの使い勝手を格段に上げてくれます。

炎星や炎舞をコストに発動する効果を持つ炎星は特にレベル4軸に多く

暗炎星-ユウシ殺炎星-ブルキ、微炎星-リュウシシン、

勇炎星-エンショウなどが該当します。

レベル3軸にも立炎星-トウケイが該当する為無駄になりません。

魁炎星王-ソウコであれば3枚ものコストを踏み倒す事が可能ですが

ソウコを素材にこのカードをリンク召喚した場合タイミングを逃すので注意です。

ちゃんとタイミングを逃さない方法で墓地へ送りましょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分のフィールド・墓地の「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、デッキから「炎星」モンスター1体を墓地へ送る。

②の効果は1ターンに1度、

場か墓地の炎舞と名の付く魔法罠1枚を手札に戻し

その後デッキから炎星1体を墓地へ送る回収&墓地肥やし効果です。

特にアドバンテージに直結する炎舞-「天璣」を再利用できるのは大きいです。

墓地へ送る炎星ですが自己蘇生効果を持つ殺炎星-ブルキや

真炎の爆発や炎星師-チョウテンの蘇生効果に対応する

守備力200のモンスターが有力候補となるでしょう。

 

 

特に殺炎星-ブルキと非常に相性がよく

②の効果でブルキを墓地に落としつつ①の効果により

ブルキの効果に必要なコストを踏み倒しつつ自己蘇生が可能です。

実質このカードを出せばブルキを特殊召喚しつつ炎舞を1枚回収可能です。

この事から特にレベル4軸の炎星を大幅に強化してくれるカードですが

レベル3軸も立炎星-トウケイのコストを踏み倒したり

炎星師-チョウテンの蘇生対象を確保できるのでこちらも十分に恩恵があります。

 

また炎舞-「天璣」や炎舞-「天枢」は獣戦士族全般で有用なカードであり

それらを回収できるこのカードは獣戦士族デッキ全般で有用です。

②の効果の発動にはデッキから炎星を墓地へ送る必要がある為、

炎星以外のデッキで採用するならば殺炎星-ブルキあたり出張させるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました