遊戯王カード考察:ネオス・フュージョン 手札1枚からレインボー・ネオスが 墓地肥やしにも有用

スポンサーリンク

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

ネオス・フュージョン
通常魔法
①:自分の手札・デッキ・フィールドから
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「E・HERO ネオス」を含むモンスター2体のみを素材とする
その融合モンスター1体を召喚条件を無視してEXデッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
②:「E・HERO ネオス」を融合素材とする
自分フィールドの融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
または自身の効果でEXデッキに戻る場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

ネオス用の融合魔法です。

E・HEROネオスとN・アクア・ドルフィンが

ネオスペースの中で一緒に飛んでいます。

丁度コンタクト融合をするところなのでしょうね。

 

 

①:自分の手札・デッキ・フィールドから
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「E・HERO ネオス」を含むモンスター2体のみを素材とする
その融合モンスター1体を召喚条件を無視してEXデッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

①の効果は発動したターンモンスターを特殊召喚できなくなる代わりに

手札、デッキ、フィールドからネオスを含む2体の融合素材を墓地へ送り

融合モンスターを召喚条件を無視して特殊召喚するというものです。

あくまで召喚条件を無視しての特殊召喚であり

融合召喚ではない点には気を付けてください。

この効果で出せる融合モンスターは各種コンタクト融合体の他、

E・HERO ブレイヴ・ネオス、E・HERO ネオス・ナイト、

そしてレインボー・ネオスが該当します。

特殊召喚に関する制約が発生するとはいえ素材さえデッキにあれば

このカード1枚からレインボー・ネオスを出せるというのは強烈で

レインボー・ネオスを出す難易度を大幅に下げています。

また特殊召喚できなくなるのはあくまで発動後な為、

このカードを発動する前にある程度展開をしておくことで

デメリットをある程度フォローする事が可能です。

 

 

②:「E・HERO ネオス」を融合素材とする
自分フィールドの融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
または自身の効果でEXデッキに戻る場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

②の効果はネオスを素材とする融合モンスターが戦闘破壊か効果破壊か、

自分の制約でEXデッキに戻ってしまう場合に

墓地のこのカードを除外する事で身代わりにできるというものです。

コンタクト融合体を1ターン場に留めておくことが可能ですが

E・HERO コスモ・ネオスなどはデッキに戻る際に発動する効果もある為、

実際にデッキに戻さないようにするかはよく考える必要があるでしょう。

むしろ破壊耐性を付与する事で

より確実にデッキに戻せるようになる点こそが本命と言えるかもしれません。

勿論レインボー・ネオスなどの場持ちにも貢献してくれます。

 

 

コンタクト融合やレインボー・ネオスにとって非常にありがたいカードであり

融合モンスターを場に出す難易度を大幅に下げてくれます。

また墓地肥やし用のカードとしても優秀で

E・HEROブレイヴ・ネオスを出す場合にはレベル4以下の効果モンスターを、

E・HEROネオス・ナイトを出す場合には好きな戦士族を、

それぞれデッキから墓地に送る事が可能です。

E・HEROネオスをデッキに投入できるのであれば

様々なデッキにおいてこのカードを採用する余地が生まれてくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました