遊戯王カード考察:強欲で金満な壺(ごうよくできんまんなつぼ) EXデッキに依存しないのであれば

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

強欲で金満な壺
通常魔法
①:自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの
裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。
除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

 

 

最新商品となる壺です。

まあいつもの壺シリーズと同じように強欲な壺と金満な壺がいっしょになってます。

強欲で貪欲な壺と同じくどっちの壺も悪い顔してますね。

ただ壺の形としては割とまとまっていて使いやすそうです。

 

 

その効果はメインフェイズ1開始時にEXデッキの裏側表示のカードを

3枚か6枚ランダムに裏側表示で除外する事で

3枚除外した場合は1枚、6枚除外した場合は2枚ドローするドロー促進効果です。

2枚ドローする効果は強欲な壺を意識したものとなっていますが

本来表側表示のペンデュラムをデッキに戻す金満な壺と違い

それ以外のエクストラデッキのカードを裏側表示で除外する仕様になっています。

一応エクストラデッキに干渉するという点では共通点があるでしょうか。

メインフェイズ1開始時限定な為、実質1ターンに1度しか発動できず

また発動したターンは他の効果でドローできない制約が発生します。

一応強欲な瓶などフリーチェーンでドローするカードであれば

スタンバイフェイズなどで発動する事で制約発動前にドローが可能です。

勿論相手ターンに他の手段でドローをするのも全然問題ありません。

サーチ効果は発動可能なのでこのカードを採用するのであれば

そのデッキにおける手札を補充する手段には気を配りましょう。

 

 

出来れば6枚除外して2枚ドローする形で発動するのが望ましいのですが

ランダムで除外してしまう関係上エクストラデッキのカードに異存するデッキでは

どうしてもキーカードを除外してしまう危険性が存在します。

このカードを採用するのであればあまりエクストラデッキに異存しないデッキ、

例えば【Kozmo】や【時械神】などに採用するのが望ましいです。

またエクストラデッキのカードは最大で15枚であり

6枚除外して発動するのは2回までが限度となります。

ネクロフェイスなどで再利用するのでなければ

3回目の発動は1枚ドローで妥協するか最初から2枚採用に留めておく必要があります。

色々と制約は多いものの2枚ドローは文句無しに優秀であり

他のドロー手段にもエクストラデッキにも依存しないデッキであれば

是非とも採用したいカードと言えます。

 

 

またエクストラデッキのカードを大量に除外する事を利用し紅蓮魔獣ダ・イーザなど

除外枚数を参照するカードのサポートとして

百万喰らいのグラットンの代わりとして採用する手も考えられます。

あちらよりも1度に除外できる枚数こそ少な目ですが

こちらは除外しつつドローも一緒に狙えるメリットが存在します。

ただ制約の関係で同じくダ・イーザと相性がいい強欲で貪欲な壺とは

同じターンに発動を狙えない点には注意が必要です。

どちらを引いたとしても除外とドローを狙えると割り切った運用ができれば

一緒に採用するのも全然ありだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました