遊戯王カード考察:ヴェンデット・デイブレイク 意外と制約が厄介

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

ヴェンデット・デイブレイク/Vendread Daybreak
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手フィールドのカードの数が
自分フィールドのカードより多い場合に発動できる。
自分フィールドの儀式召喚した「ヴェンデット」モンスター1体を選び、
そのカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
その「ヴェンデット」モンスターはフィールドに表側表示で存在する限り、
直接攻撃できない。

 

 

ヴェンデットのサポートとなる通常罠です。

リヴェンデット・スレイヤーがビルに浮かぶ朝日をバックに

ロケットペンダントを握りしめて佇んでいます。

夜が明けかれの復讐劇にも決着がついたのでしょうか。

ハッピーエンドとは言い難い展開ですが希望を感じさせるイラストです。

復讐を終えたあと果たして彼はどうするのか、それも気になる所ですね。

 

 

効果は1ターンに1度、

・儀式召喚したヴェンデット儀式モンスターが自分の場にいる

・相手カードの数が自分のカードの数より多い

以上の条件を満たしている状態の時にそのヴェンデット儀式1体を選び

それ以外の全てのカードを破壊するというものです。

ただし選んだ儀式モンスターは直接攻撃が不可能となる為

がら空きになった相手フィールドに攻撃を加えるには別のカードが必要となります。

 

 

発動には儀式モンスターとセットされてあるこのカードの最低2枚が必要であり

結果として相手の場に3枚以上のカードが無ければ発動条件を満たせません。

これが中々厄介な条件で実際に

「フィールドに儀式モンスターとセットカード1枚しかない」

というシチュエーションの場合

その時点でこのカードを警戒する相手は出てくるくるでしょう。

そうなると場に3枚以上カードを出さないプレイングをしてくる可能性もあり

発動機会を封じられてしまうという可能性も出てきます。

リンク召喚やエクシーズ召喚などは2枚までしか出さないプレイングでも

ある程度行う事が可能なのでそれで強力なモンスターを用意され

そのまま突破されてしまうというシチュエーションは少なくありません。

能動的に発動を狙う場合おジャマトリオなどを用いて

相手フィールドの枚数を無理やり増やしてしまうのも1つの方法でしょう。

こういった他にセットカードを用意しておくことは

相手のこのカードの警戒を緩める意味でも効果があるでしょう。

また相手が手札から魔法カードを発動した場合そのカードも枚数に数えるので

それを意識しておくと発動できる機会も増えると思います。

 

 

中々に扱いの難しいカードではありますが

フリーチェーン全体除去というのは強力であり

上手く決まれば大きなアドバンテージを確保できるカードでもあります。

色々と工夫して狙っていきたい所ですね。

コメント

  1. 匿名 より:

    罠カードとこのカードがセットされているときって罠カードじゃなくて儀式モンスターですよね?

タイトルとURLをコピーしました