遊戯王カード考察:魔神儀(デビリチャル)-ブックストーン、魔神儀-ペンシルベル

スポンサーリンク

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

魔神儀-ブックストーン
効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:手札の儀式魔法カード1枚を相手に見せて発動できる。
「魔神儀-ブックストーン」以外のデッキの
「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。
②:このカードがデッキからの特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の儀式魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 

魔神儀-ペンシルベル
効果モンスター
星3/光属性/サイキック族/攻 0/守 0
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
「魔神儀-ペンシルベル」以外のデッキの
「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。
②:このカードがデッキからの特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の儀式モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 

 

デビリチャルの新規となる2体のモンスターです。

ブックストーンが闇属性魔法使い族のレベル5モンスター、

ペンシルベルが光属性サイキック族のレベル3モンスターとなります。

ブックストーンは手足と顔の生えた本の中央に

同じく顔の生え宝石のブローチが鎮座してます。

本の方はページがめくれなくて困っている感じですね。

 

ペンシルベルは万年筆部分と羽根部分にそれぞれ顔が生えています。

羽根の方が勝手に動き回って万年筆がそれに振り回されている感じですね。

最初にでたキャンドールやタリスマンドラもそうなのですが

デビリチャルは

「2つの顔を持ち片方がもう片方に困らされている」

といった構図が基本のようです。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:手札の儀式魔法カード1枚を相手に見せて発動できる。
「魔神儀-ブックストーン」以外のデッキの
「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
「魔神儀-ペンシルベル」以外のデッキの
「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。

 

③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 

①の効果は1ターンに1度、

ブックストーンは手札の儀式魔法、ペンシルベルは儀式モンスターを見せる事で

同名カード以外のデビリチャルをデッキから特殊召喚しつつ

自身を手札から特殊召喚するというものです。

また③の効果はモンスターゾーンにいる間

EXデッキからモンスターを特殊召喚できなくなる制約です。

これらは前に登場したタリスマンドラやキャンドールにも同じ効果があり

デビリチャル共通の特徴と言えます。

①の効果はデビリチャルの種類が増える事で飛躍的に使い勝手が増す為

今回合計4種類になった事でより積極的に使っていけるようになりました。

 

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードがデッキからの特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の儀式魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードがデッキからの特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の儀式モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

②の効果は1ターンに1度、デッキから特殊召喚した場合に

ブックストーンは儀式魔法を、ペンシルベルは儀式モンスターを

それぞれ墓地から回収できるというものです。

基本的には他のデビリチャルが持つ①の効果をトリガーとして発動する他、

ペンシルベルはレベル3のサイキック族なので緊急テレポートにも対応しています。

デッキからサーチできるタリスマンドラやキャンドールと比べると

墓地回収というのは序盤でやや使いづらい場面こそあるものの、

儀式にはマンジュゴッドや下準備など強力なサーチ手段が他にも存在しています。

特に1種類の儀式モンスターと儀式魔法しか採用していないデッキの場合、

上記のサーチカードと競合しにくいのは見逃せないポイントです。

ただ儀式魔法には墓地から除外して発動するタイプも結構あるので

そういった儀式魔法とはブックストーンは相性が悪いでしょう。

 

 

前述の通り特に①の効果はデビリチャルの種類が増えるほど使い勝手が増すので

汎用の儀式サポートとして今後とも新しいデビリチャルの登場には期待したい所です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました