遊戯王カード考察:サイバネット・フュージョン サイバース族専用融合魔法、サーチしやすいのが魅力

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

サイバネット・フュージョン
通常魔法
①:自分の手札・フィールドから、
サイバース族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、
自分の墓地のサイバース族リンクモンスター(1体まで)を除外して融合素材とする事もできる。

 

 

サイバース族用の融合魔法です。

ヴレインズにおいてプレイメーカーがブラッドシェパード戦で使用し

クロック・スパルトイでサーチされつつ

サイバース・クロック・ドラゴンの融合召喚へ繋げました。

映っているのはクロック・スパルトイとクロック・ワイバーンでしょうか?

サイバース・クロック・ドラゴンの融合素材から考えても

この2体を融合素材にする事を最初から前提にしている感じですね。

 

 

その効果は手札かフィールドから融合素材を墓地へ送り

サイバース族融合モンスター1体を融合召喚するというものです。

ここまでならただのサイバース族用の融合ですが

EXモンスターゾーンに自分のカードが無い場合墓地から1体

サイバース族リンク1体を除外して融合素材にする事も可能です。

クロック・スパルトイの効果で簡単にサーチが出来るというのが一番のポイントで

そこからさらにクロック・ワイバーンを蘇生しつつ2体を素材にして

サイバース・クロック・ドラゴンの融合召喚に繋げられるのが非常にうま味です。

 

 

墓地のリンクを素材にする場合、発動条件となる

「EXモンスターゾーンに自分モンスターが存在しない場合」

というのが少々厄介になってきます。

というのもクロック・スパルトイの蘇生効果を利用する場合

どうしてもEXモンスターゾーンに置く必要がある為です。

蘇生効果を利用するとそれ以上リンク召喚が出来なくなる為

新しくリンク召喚を行ってEXモンスターゾーンからどかすという事も出来ません。

墓地のリンクを素材にしたい場合は

そもそもクロック・スパルトイの蘇生効果を使うのを諦める事になるでしょう。

リンク4を墓地から除外して素材にできるのであれば

サイバース・クロック・ドラゴンの攻撃力もそれだけ高める事が可能であり

蘇生効果を諦めてでもEXモンスターゾーンに空きを作る価値はあります。

クロック・スパルトイの併用を前提とした運用例を書いていますが

最初から手札にこのカードを握っていた場合などは

勿論そのまま墓地のリンクを素材にして融合召喚できるのはシンプルに利点です。

 

 

現在このカードで融合召喚できる対象はサイバース・クロック・ドラゴンと

ダイプレクサ・キマイラのみですが

今後サイバース族融合モンスターの種類が増えれば

それだけこのカードの価値も高まってくるでしょう。

同じくアニメに登場したサイバース族融合モンスターである

転生炎獣ヴァイオレット・キマイラがOCG化されればそちらにも使えそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました