遊戯王カード考察:エターナル・エヴォリューション・バースト 相変わらず殺意全振りなサイバー流

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。

 

 

 

エターナル・エヴォリューション・バースト
装備魔法
機械族の融合モンスターにのみ装備可能。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分バトルフェイズ中に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
②:装備モンスターが相手モンスターに攻撃したダメージステップ終了時、
自分の墓地から「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を除外して発動できる。
装備モンスターは相手モンスターに続けて攻撃できる。
この効果を発動するターン、
装備モンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 

 

サイバー流のサポートとなる装備魔法です。

サイバー・エンド・ドラゴンの攻撃名と同じ名称のいわゆる必殺技カードであり

機械族融合モンスター専用の装備魔法となっています。

サイバー・エンド・ドラゴンの3つの口から一斉発射しています。

青眼の究極龍もそうですがこういう一斉発射はやっぱりロマンありますね。

 

 

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分バトルフェイズ中に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

①の効果はこのカードが魔法罠ゾーンに存在している間

自分のバトルフェイズ中に相手は魔法、罠、モンスター効果を

一切発動できなくなるというものです。

「装備モンスターが攻撃する間だけ」発動できないわけではなく

「装備モンスターが存在しているバトルフェイズの間ずっと」発動を不可能にします。

オネストなどのコンバットトリックや戦闘破壊トリガーの効果はもとより

バトルフェイズ中にフリーチェーンでモンスターを特殊召喚したとしても

相手はそれを妨害する術がありません。

相手からすればフリーチェーン系の妨害手段を持っていたとしても

バトルフェイズに入る前に発動しなければならず

このカードが場にある状態であればバトルフェイズ中好き勝手が可能です。

妨害されたくないカードなどがあればこのカードが場にある時に出すといいでしょう。

 

 

②:装備モンスターが相手モンスターに攻撃したダメージステップ終了時、
自分の墓地から「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を除外して発動できる。
装備モンスターは相手モンスターに続けて攻撃できる。
この効果を発動するターン、
装備モンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。

②の効果は発動するターン装備モンスター以外のモンスターが攻撃できなくなる代わりに

装備モンスターが相手モンスターに攻撃したダメージステップ終了時に

自分の墓地からサイバー・ドラゴン1体を除外する事で

相手モンスターに続けて攻撃できるというものです。

墓地でサイバー・ドラゴンとして扱うカードは数多く存在しており

この効果の発動も1ターンに1度という制約はないため

墓地がしっかり肥えていればグォレンダァ!と言わずジュウレンダァ!とかもできます。

特にサイバー・エンド・ドラゴンに装備させるのが最も理想的であり

攻撃力4000と貫通効果の連続攻撃が通れば相手はまあ死ぬでしょう。

 

 

①の効果で相手の防御手段を封じ、②の連続攻撃で相手に大ダメージを与えるという

サイバー流らしい殺意に溢れかえったカードです。

ただ連続攻撃が出来るのはあくまで相手の場にモンスターが残っている場合で

直接攻撃などはできません。

相手の場に大量にモンスターがいる場合は問題ありませんが

そうでない場合はおジャマトリオか何かでサンドバッグを用意するといいでしょう。

ミスト・ボディや安全地帯などで相手に戦闘破壊耐性を付与するのも効果的です。

サイバー・エンド・ドラゴンが連続攻撃できる状況を作り出せればまず勝てるので

そういったお膳立てを用意する価値は十分にあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました