遊戯王カード考察:サクリファイス・アニマ 色んなレベル1をワンダー・ワンドのリリース要員に

スポンサーリンク

4月23日に週刊少年ジャンプ21・22合併号が発売されます。

今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカードです。

 

 

 

サクリファイス・アニマ
リンク・効果モンスター
闇属性/魔法使い族/攻   0/LINK-1
【リンクマーカー:上】

←   →
/ ↓ \
トークン以外のレベル1モンスター1体
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを
装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
②:このカードの攻撃力は、
このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。

 

サクリファイスのリメイクとも言えるLINK-1です。

色合いが似てますが儀式モンスターではなくリンクモンスターです。

サクリファイスをベースにいくつかのパーツが上下逆になっています。

アニマとはラテン語で魂の事であり

イラストでもオーラのようなものが出ている事から

実体のないサクリファイスの魂的な存在なのかもしれません。

 

 

【リンクマーカー:上】
トークン以外のレベル1モンスター1体

リンク素材にはトークン以外のレベル1モンスター1体を指定しています。

蘇生させた黄泉ガエル1枚で出せる事を考えると

非常に緩い条件で出せるリンクモンスターと言えるでしょう。

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを
装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
②:このカードの攻撃力は、
このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。

その効果は1ターンに1度、このカードのリンク先の表側表示モンスターを

このカードの装備扱いにしその装備したモンスターの攻撃力分だけ

このカードの攻撃力をアップさせるというものです。

元のサクリファイスの吸収効果を意識したものとなっていますが

吸収できるモンスターが自分の真正面のリンク先に限定されています。

意識的に使う場合はこちらから相手の場に壊獣などを特殊召喚して

それを吸収してしまうというのが一番確実な方法となります。

ジズキエルやサンダー・ザ・キングを出して吸収すれば

それで3300の攻撃力を手に入れる事が可能です。

にらみ合いや電送擬人エレキネシスなどで相手モンスターを

無理矢理このカードの真正面に移動させてしまうのも1つの手です。

 

 

また相手が前方にリンクマーカーのあるリンクモンスターを使っていた場合

そのリンクモンスターの目の前に出す事で吸収してしまう事が可能です。

相手次第ではあるもののレベル1のモンスターを使うデッキであれば

このカードを簡単にリンク召喚する事が可能であり

相手がそういった前方にマーカーのあるリンクモンスターを使う場合に

このカードで吸収されてしまうというリスクを負わせることが出来るので

牽制目的としてもこのカードをEXデッキに忍ばせる価値はあるでしょう。

 

 

また魔法使い族でありルドラの魔法書やワンダー・ワンドに対応しています。

黄泉ガエルやバトル・フェーダーなどからドローに繋げられる事を考えると

単純にリリース要員としてリンク召喚するだけでも十分に意味があるでしょう。

 

 

LINK-1の中でも中々に色々な使い方が出来るカードです。

積極的にコンボに組み込んでもいいですし単純にEXデッキに忍ばせてもいいと

レベル1を使うのデッキであれば色々と役立つカードです。

コメント

  1. 匿名 より:

    このカードの他のサクリファイス系モンスターとの最大の相違点は「状況次第では自分フィールドのモンスターも装備吸収できる」点。
    例えばEXモンスターゾーンにモンスターを出してその真下にこいつをリンク召喚なり蘇生なりして出すと真上に居る自分のモンスターを装備できる。
    あまり活用することは少ないだろうけどこれで場の攻撃力を維持しつつEXモンスターゾーンを空ける事ができる。

タイトルとURLをコピーしました