遊戯王カード考察:SIMM(シム)タブラス 展開しつつ手札の補充もできる美味しい奴

スポンサーリンク

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

SIMMタブラス
効果モンスター
星5/闇属性/サイバース族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せ、
自分の墓地のサイバース族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。
リンク状態の自分のリンクモンスターのリンク先となる
自分フィールドにこのカードを手札から特殊召喚し、
対象のモンスターを手札に戻す。

 

 

闇属性サイバース族のレベル5モンスターです。

ヴレインズにおいてプレイメーカーがリボルバー戦で使用し

墓地のROMクラウディアを回収しつつ手札から特殊召喚されました。

獏型のロボットとでも言うような外見をしています。

カラフルな瞳が特徴的です。

名前はコンピュターのメモリー増設用モジュールの1つである

SIMM(Single Inline Memory Moduleの略称)、

タブレット端末、そしてバクを意味するタピラスから来ていると思われます。

 

 

その効果は1ターンに1度、手札のこのカードを見せる事で

リンク状態になっているリンクモンスターのリンク先にこのカードを特殊召喚、

それと同時に墓地のレベル4サイバース族1体を手札に回収するというものです。

少々特殊な条件が必要ながらも手札からの展開と

アドバンテージの確保を両方同時に行える便利な効果であり

サイバース・ガジェットあたりを回収して召喚すれば更なる展開が可能となります。

他にはアニメでやったようにROMクラウディアやレディ・デバッカーあたりも

アドバンテージを稼げるので回収候補となるでしょう。

 

 

効果の発動条件は言ってしまえば

「リンクモンスターがリンク状態かつこのカードを出せるリンク先があいている」

といった感じです。リンク召喚を行うデッキであればそれほど条件は難しくなく

手っ取り早い方法としてはLANフォリンクスやサイバース・ウィッチ等

下方向に2つリンクマーカーを持つLINK-2をEXモンスターゾーンに出し、

リンクマーカーの片方に何もでもいいのでモンスターを出せば

このカードの特殊召喚条件を満たす事が可能です。

もしくはリンク・スパイダーやリンク・ディサイプルあたりを出し

その真下にセキュア・ガードナーを用意する事でも条件を満たせます。

ステータス自体は高くないので特殊召喚したら

そのまま更なるリンク召喚の為の素材にしてしまうのがいいでしょう。

 

 

発動条件を満たせるのであれば相当に優秀なカードです。

レベル5なのでフォーマッド・スキッパーのサーチ対象にもなっており

サーチ候補の中でもかなりオススメなカードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました