遊戯王カード考察:ライドロン サイバース通常モンスター4体目、今度は攻撃力2000枠

スポンサーリンク

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018)よりこのカードです。

 

 

ライドロン
通常モンスター
星4/地属性/サイバース族/攻2000/守   0
高い適合能力を持った電子獣。
縄張り意識が強い。

 

 

ビットロン、デジトロン、プロトロンに続く4体目のサイバース族通常モンスターにして

8体目のレベル4攻撃力2000の通常モンスターです。地属性では3体目です。

白を基調としたライオン型ロボットといった外見をしています。

電子獣と書かれていますがこれもビットロンやデジトロンの仲間なのでしょうか。

縄張り意識が強いとありますしある一定の範囲に住み着いているようですね。

 

 

サイバース族の通常モンスターであり

予想GUYやレスキューラビットでデッキから特殊召喚しつつ

ハニーボットやフレイムアドミニスターなど

サイバース族を指定するリンクモンスターの素材になる事が可能です。

しかし単純にリンク素材として活用するのであれば

トライワイトゾーンやドラコネットに対応し

プロンプトホーンも活かしやすいビットロンやプロトロンといった

低レベルのサイバース族通常モンスターの方が使い勝手が上でしょう。

 

 

このカードを使うのであればやはり攻撃力が2000ある点や

レベル4である点を上手く活かしたい所です。

攻撃力2000と言うのは下級サイバースではストームサイファーに次ぐ数字であり

予想GUYやレスキューラビットでデッキから直接特殊召喚しつつ

サイバネット・バックドアでかなり広範囲のモンスターをサーチ可能です。

その後帰還した後の直接攻撃で与えるダメージも中々馬鹿になりません。

またサイバース族は一族の結束を採用しやすい種族であり

他にもクラインアントなどで攻撃力を強化すればアタッカーとしても十分機能してくれます。

 

また通常モンスターの多いサイバース族はレスキューラビットの採用もしやすいのですが

このカードがあればレスキューラビットからレベル4を2体出す選択肢も可能となります。

サイバース族にランク4エクシーズも採用したい場合には丁度いいでしょう。

何だかんだで今でもランク4エクシーズは優秀なカードそろいであり

ホープ・ザ・ライトニングや鳥銃士カステルがあれば助けるケースは多いです。

このカード自体はプロンプトホーンの効果で特殊召喚するには不向きなのですが

逆に予想GUYなどで特殊召喚したこのカードを

プロンプトホーンの効果のリリース要員にするといった芸当は可能です。

 

 

あとサイバース族通常モンスターではデジトロンと合わせておもちゃ箱に対応しています。

おもちゃ箱からサイバース族2体を出せる為、デジトロンと一緒に出張させる事で

他の種族のテーマにもある程度サイバース族のギミックを混ぜる事が可能です。

サイバース族を指定するリンクモンスターを使いたいとなった場合には

攻撃力2000通常モンスター組の中でもこのカードが採用候補となるでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    ポケモンのソルガレオっぽい

タイトルとURLをコピーしました