遊戯王カード考察:妖海(ようかい)のアウトロール とりあえず炎星や十二獣あたりに

スポンサーリンク

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

妖海のアウトロール
チューナー・効果モンスター
星3/水属性/獣戦士族/攻1000/守1300
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分は獣戦士族モンスターしか特殊召喚できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の獣戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの属性・レベルはターン終了時まで、そのモンスターと同じになる。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードと同じ属性・レベルを持つ獣戦士族モンスター1体を手札から特殊召喚する。

 

 

水属性獣戦士族のレベル3チューナーです。

コボルド、ゴブリン、オーガと思われる亜人3人組が船に乗っています。

名前の由来は無法者を表す「アウトロー」+「トロール船」と思われ

また恐らく魔物のトロールともかかっているのでしょう。

トロール船とはトロール網(底引き網の一種、漁業に使う)を使う為の船の事です。

それぞれの装備からコボルドが護衛、ゴブリンが舟をこぎ、

オーガが魚を捕まえるという役割分担で漁をしている事が伺えます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分は獣戦士族モンスターしか特殊召喚できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の獣戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの属性・レベルはターン終了時まで、そのモンスターと同じになる。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚に成功した場合に

自分の墓地の獣戦士族1体を選択、そのターンの間このカードの属性とレベルを

選択したモンスターと同じにするというものです。

②の効果の布石として使える他、シンクロやエクシーズ召喚の際に

レベルや属性の調整として活用が可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分は獣戦士族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードと同じ属性・レベルを持つ獣戦士族モンスター1体を手札から特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自分メインフェイズ時に

このカードと同じ属性とレベルを持つ獣戦士族1体を

手札から特殊召喚できる展開補助です。

現在このカードと属性とレベルが両方とも同じ獣戦士族はいない為、

ほぼ①の効果との併用が前提となります。

いかに墓地に同じ属性とレベルのモンスターを用意するかが課題となりますが

それさえ達成できれば高レベルのモンスターも手札から特殊召喚可能です。

 

 

レベルを調整しつつ手札から同じレベルのモンスターを特殊召喚できる為、

特にエクシーズ召喚の布石として便利な効果を持っていますが、

①、②どちらの効果も発動するターンは獣戦士族しか特殊召喚できなくなる

強烈な制約が発生します。

発動「する」ターンなので発動前に特殊召喚するのも駄目なので気を付けましょう。

この制約がある為どうしても獣戦士族を中心とするデッキでの運用が求められます。

該当するデッキとしては【炎星】や【月光】、あと【妖仙獣】や【十二獣】あたりであり

幸いいずれもある程度属性が統一されている為②の効果を使いやすいです。

特に炎星と十二獣はシンクロやエクシーズが豊富なのでデメリットの影響も低く

単純に展開の補助及びチューナーとして活用が狙えます。

それ以外の候補としてはシンクロは獣神ヴァルカンや天狼王ブルー・セイリオス、

エクシーズでは武神姫-アマテラスあたりが狙い目となるでしょうか。

レベル6のモンスターかラインモンスター スピア・ホイールを特殊召喚すれば

No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車のエクシーズ召喚も可能です。

 

 

今後高レベルで強力な獣戦士族モンスターや

獣戦士族のシンクロやエクシーズモンスターが登場した時に

改めて注目したいカードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました