遊戯王カード考察:フレイム・アドミニスター シンプルに強いサイバース族用LINK-2の優等生

スポンサーリンク

また雨が続いています。

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

フレイム・アドミニスター
リンク・効果モンスター
炎属性/サイバース族/攻1200/LINK-2
【リンクマーカー:左 右下】
\ ↑ /
  →
/ ↓
サイバース族モンスター2体
①:「フレイム・アドミニスター」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドのリンクモンスターの攻撃力は800アップする。

 

 

炎属性のLINK-2サイバース族です。

VRAINSにおいてプレイメーカーが財前晃戦で使用したカードであり

その効果でデコード・トーカーの攻撃力を強化しました。

 

非常に質実剛健な見た目をした赤を基調としたロボットです。

サイバース族の中でもかなり正統派なロボット感があります。

名前の由来は「アドミニストレーター」から来ていると考えていいでしょう。

コンピューター用語の1つでコンピューターの管理や保守をする人、

もしくはそれらの権限を持った人という意味があります。

所でなんとなく頭部がアリトに似てると思うのは自分だけでしょうか?

 

 

リンク素材にはサイバース族2体を要求しています。

基本的にはサイバース族デッキで採用する事になりますが

リンクリボーやリンク・スパイダーを経由して出すことも一応可能です。

リンクマーカーは左と右下という場所を選ばず使えるものとなっています。

リンクマーカーに依存する効果は持っていないので

純粋にリンク先を確保する目的でリンクマーカーを活用する事になるでしょう。

 

 

①の効果はフィールドに1枚しか存在できない制約です。

3体並べる事が出来れば攻撃力3600×3という中々愉快な事になっていたのですが

さすがにそれは強すぎるだろうと判断されてしまったようです。

サイバース族デッキなら十分狙えそうですしね。

 

 

②の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在している間

自分のリンクモンスターの攻撃力を800上昇させるというものです。

800という数字は一族の結束と同等であり

複数体を強化できる効果としてはかなり高い上昇値です。

自身にも適用される為元々の攻撃力と合わせて2000打点として運用可能です。

LINK-2が持つ攻撃力としては中々の数値と言えるでしょう。

 

 

サイバース族においてはハニーボットの攻撃力を2700まで高められるので

ハニーボットを複数おく布陣がより強力になります。

ハニーボットのリンク先にこのカードを置いておけば耐性を付与してくれるので

そういう意味でも相性がいいでしょう。

エンコード・トーカーとの相性もよくアドミニスターを戦闘破壊から守りつつ

エンコード・トーカーの攻撃力を5100まで上昇させられます。

サイバース族用のLINK-2としてはシンプルに使いやすい性能をしており

攻撃力を求められる様々な場面で活躍してくれるでしょう。

サイバース族デッキであれば1枚は入れておいて損はないカードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました