センサー万別:遊戯王カード考察 群雄割拠の逆バージョン!種族がバラバラな事が強みに

スポンサーリンク

本日10月14日、いよいよエクストリーム・フォースの発売です。

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

センサー万別
永続罠
①このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターは表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合には、
同じ種族のモンスターが1体になるように墓地へ送らなければならない。

 

 

汎用の永続罠です。

 

旅行の帰りなのでしょう。

ワイトとワイト夫人が検問のセンサーに引っかかり検査を受けています。

お土産にお酒か金属あたりあったんでしょうね多分。

効果を考えればアンデット族のワイトプリンスと獣族の骨犬マロンは大丈夫でしたが

ワイトプリンスと同じアンデット族の2人は検閲に引っかかったという所でしょう。

所ワイトプリンス君、検疫とまったく同じポーズ取ってます。

 

 

その効果はこのカードが存在している間お互いのプレイヤーは

同じ種族のモンスターを2体以上フィールドに並べる事が出来なくなります。

もし同じ種族のモンスターが2体以上いる場合は

1体になるように墓地へ送らなければいけないというものです。

平たく言えば同じ種族のモンスターしか出せなくなる群雄割拠の逆です。

群雄割拠と同じ裁定であるならば

「そのモンスターをリリースして同じ種族のモンスターをアドバンス召喚する」事や

「そのモンスターを素材に同じ種族のモンスターをシンクロやエクシーズ召喚する」

事も不可能となるでしょう。

 

 

相性のいいデッキ、刺さるデッキも群雄割拠のまったくの正反対であり

【サブテラー】や【帝】など種族がバラバラのデッキでこそ採用しやすく、

逆に【トリックスター】のような種族を統一しているデッキには強烈に刺さります。

同名カードを複数枚並べるという事も不可能になるので

例え種族がバラバラのデッキであってもある程度は影響が発生する事になります。

 

 

群雄割拠と同時に発動した場合お互いに1体しかモンスターを出せなくなります。

こうなるとほとんどのデッキが大幅に動きを制限される事になるでしょう。

それは自分においても同様ですがモンスター1体だけでも機能するようなテーマ、

例えば【時械神】や【壊獣】あたりであれば相手に対して大いに優位に立てるでしょう。

同様の事をDNA改造手術やアンデットワールドでも代用できます。

 

 

群雄割拠は今でも一線級で活躍できる優秀なロックカードです。

その対となるセンサー万別も大いに活躍できることは想像に難くありません。

特に今まで種族がバラバラで群雄割拠に辛酸を舐めさせられていたデッキにこそ

このカードで叛逆するチャンスだと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました