電送擬人(でんそうぎじん)エレキネシス:遊戯王カード考察 10期向け手札誘発、メタカード以外の使い道も

スポンサーリンク

10月です。とうとう新しいリミットレギュレーション適用ですね。

まあ既にSPYRAL環境になってますが・・・。

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

電送擬人エレキネシス
効果モンスター
星4/光属性/サイキック族/攻1800/守   0
①:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの位置を、他の相手のメインモンスターゾーンに移動する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

光属性サイキック族のレベル4モンスターです。

 

人型の人形が両手の指から電気の糸を躍らせています。

恐らく名前の由来は「エレキ」と「テレキネシス」であり

この電気の糸を使って物を動かす事が出来るのではないでしょうか。

 

 

その効果は手札かフィールドからこのカードを墓地へ送る事で

相手モンスター1体の位置を

別のメインモンスターゾーンに移動させるフリーチェーン効果です。

カードの位置が重要になってきた昨今ではこの効果のもたらす意味は大きく

特にリンクモンスターに対して大きな効果を発揮します。

代表的なのはデコード・トーカーをはじめとする

「EXモンスターゾーンにいてこそ真価を発揮するモンスター」であり

この効果でメインモンスターゾーンへ強制移動させてしまう事により

ほぼその効果を無力化する事が可能になります。

メインモンスターゾーンにいてこそ真価を発揮するカードも

EXモンスターゾーンのリンクモンスターを

リンクマーカーの意味がない場所に移動させてしまう事で

間接的にその動きを封じる事が可能となります。

 

 

リンクモンスター以外でも魔弾や天気など位置関係が重要なテーマは増えており

そういったデッキに対して効果的な手札誘発メタとして活躍してくれます。

ただ9期以前の位置があまり重要ではないデッキ相手では効果を発揮し辛く

かなり相手を選ぶカードである事は確かです。

効く相手には本当に効くのでサイドデッキ向けのカードだと言えるでしょう。

 

 

単純にメタとしての用途以外でもEXモンスターゾーンの真正面に移動させて

アカシック・マジシャンや星杯竜イムドゥークの効果を発揮したり

ジャックナイツで相手モンスターの座標を無理やり自分の位置へ移動させるなど

こちらが位置関係の重要なカードを使う場合のサポートとしても活用できます。

こういった能動的な使い方が出来るデッキであれば

メインデッキから採用する選択肢も全然アリです。

 

 

10期はとにかくカードの位置関係を重要視するカードが増えてきており

今後同じようにそういったカードが増えてくれば

さらにこのカードの重要性も増えてくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました