力天使(りきてんし)ヴァルキリア:遊戯王カード考察 無効に出来ればサーチ発動、どうせなら相手ターンにも狙おう

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。

 

 

 

力天使ヴァルキリア
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守1050
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分がモンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にした場合に発動する。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

 

デュナミス・ヴァルキリアのリメイクモンスターです。

レベルや属性、攻撃力守備力などはリメイク前と同一になっています。

 

槍と盾を携えたまさに戦乙女といった感じの風貌です。

赤を基調としたリメイク前に比べてこちらは緑と金がメインの基調となっています。

ちなみに「りきてんし」です。「かてんし」じゃないので気を付けましょう。

デュナミスというのも力天使の事を表す言葉でありリメイク前とほぼ同じ名前と言えます。

 

 

その効果は1ターンに1度、モンスター効果・魔法・罠いずれかの発動を無効にした場合に

デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加えるというものです。

カウンター罠や各種宣告者による無効を想定した発動条件であり

エンジェル・パーミッションを強く意識した効果であると言えます。

1ターンに1度しか発動できませんが相手ターンでも発動が可能であり

上手く無効に出来れば1体で2回以上効果を発動する事も十分狙えます。

 

 

またサーチ効果は天使族光属性であればレベルやステータスを問いません。

特に大天使クリスティアをサーチできる点は大きいです。

今でも大天使クリスティアを出せばそれで大勢が付くデュエルも少なくなく

もし封殺が狙える状況であれば自分のカードを無効にしてでも

サーチ効果を狙っていくのも1つの選択肢だと言えます。

 

 

やや癖のある発動条件を持つサーチ効果ですがそのポテンシャルは十分であり

【エンジェル・パーミッション】における新たな主力となってくれるでしょう。

攻撃力も1800と準アタッカークラスであり

何かしら補強すれば戦闘要員としても十分に働いてくれます。

エンジェル・パーミッションは下級をそのままフィールドに残す事が多いので

素のステータスが高めというのは結構重要です。

 

 

レベル4の天使族光属性である点も見逃せないポイントです。

同じく神光の波動に収録される天空賢者ミネルヴァもそうなのですが

【エンジェル・パーミッション】には解放のアリアドネや豊穣のアルテミスなど

レベル4の天使族光属性のモンスターが主力となっています。

これは同胞の絆を使いたい際に活きてくるもので

単純にデッキから特殊召喚できる候補が増えるので使いやすくなります。

ただ2000というライフコストは中々無視できるものではなく

神の警告などのライフコストを要するカウンター罠を使うのであれば

それはさらに深刻な問題になってくるでしょう。

解放のアリアドネのP効果などで上手くライフをやりくりしたいものです。

コメント

  1. 匿名 より:

    デュミナスじゃなくてデュナミスな

タイトルとURLをコピーしました