遊戯王OCGカード考察:オスティナート

スポンサーリンク

ついに幻奏もデッキ融合をする時代に!

 

今回紹介するのはDIMENSION BOX LIMITED EDITIONよりこのカードです。

 

 

 

オスティナート
通常魔法
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
自分の手札・デッキから「幻奏」融合モンスターカードによって
決められた融合素材モンスター2体を墓地へ送り、
融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
このターンのエンドフェイズに、この効果で融合召喚したモンスターを破壊し、
その融合素材モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、その一組を特殊召喚できる。

 

 

幻奏のサポートとなる通常魔法です。

オスティナートとは「がんこな、執拗な」という意味を持つ言葉で

ある一定の音楽リズムを何度も繰り返す音楽技法の1つです。

「執拗音型」「執拗反復」という呼ばれ方もします。

%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%88

イラストでは「繰り返し」を表す「riff」の文字が大きく書かれており

ブルーム・ディーヴァの後ろに五線譜で∞マークが描かれています。

破壊された後に融合素材をフィールドに出す効果から

繰り返し融合を狙う動きを想定しているのでしょう。

 

 

その効果は自分の場にモンスターが存在しない場合に

自分の手札とデッキから幻奏融合モンスターの融合素材を墓地に送る事で

その融合モンスターを融合召喚できるというものです。

そしてこの効果で召喚した融合モンスターはエンドフェイズに破壊されますが

この時の融合素材にしたカードが墓地に揃っていれば

その素材モンスター一式を墓地から蘇生する事が可能です。

融合素材にするモンスターは2体と決められている為

幻奏の華歌聖ブルーム・プリマの融合召喚をする場合でも

3体以上の融合素材を墓地に送る事は出来ないので注意が必要です。

 

 

%e6%9f%9a%e5%ad%90%ef%bc%97

はっきり言って超強いです。

デッキから融合できる強力さはもはや語るまでもないでしょう。

自分の場にモンスターがいない場合という相当に緩い条件で

このカード1枚で融合召喚が狙える非常に強力なカードです。

攻撃力2500で2回攻撃できるブルーム・プリマや

高打点モンスターに対するメタにブルーム・ディーヴァ、

墓地利用を妨害できるマイスタリン・シューベルトと

これらのモンスターを簡単に使い分ける事が可能です。

 

 

一方でこのカードで融合召喚したモンスターは

そのターンのエンドフェイズに破壊されてしまいますが、

その代わりに融合素材にしたモンスター2体を墓地から蘇生できます。

むしろこっちの効果の方が本命です。

幻奏の音女アリアと幻奏の音女エレジーを素材に

マイスタリン・シューベルトを融合素材にすれば破壊された後に

アリアとエレジーの2体をフィールドに特殊召喚する事ができ

自分の幻奏モンスター全てに破壊耐性と対象耐性を付与可能です。

この凶悪な布陣をカード1枚で実現できることこそが

オスティナートの真の強みと言ってもいいでしょう。

また上記2体のうちどちらか1体を幻奏の音姫にする必要がありますが

ブルーム・プリマを融合召喚した場合、墓地に送られた時に

ブルーム・プリマの墓地回収効果も発動可能です。

ちなみにこの自壊効果はブルーム・ディーヴァを融合召喚した場合や

幻奏の音女オペラを融合素材にした場合には発生しません。

融合モンスターをフィールドに残しておきたい場合には

この事を覚えておくと使い分けが可能です。

 

 

発動条件が独奏の第1楽章と被っている点が痛い所で

両方とも採用すると腐ってくる場面も出てきますが

基本的にはこちらを優先的に採用する形でいいと思います。

幻想の立ち回りを根源から変えてくれるカードであり

「生まれ変わった」と言えるレベルで幻奏を強化してくれる1枚です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました