遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)モンキーボード

スポンサーリンク

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

EMモンキーボード
ペンデュラム・効果モンスター
星6/地属性/獣族/攻1000/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
「EMモンキーボード」の②のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンに「EM」カードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
②このカードを発動したターンの自分メインフェイズに発動できる。
デッキからレベル4以下の「EM」モンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
手札の「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を相手に見せる。
そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターのレベルを1つ下げる。

 

 

またエンタメイトのサーチカードが増えたよ!

 

エンタメイトの新しい仲間となる猿です。口の中がキーボードになっています。

アークファイブにおいて遊矢がセキュリティ戦で使用したカードであり

ギタートル、ラ・パンダ、ドラミングコング、チアモールと共にお祭り騒ぎを起こしました。

こうしてみるとエンタメイトには結構楽器関係のモンスターが多いですね。

エンタメイトとしてはペンデュラムスケールが1の初めてのモンスターであり、

【EM】においてはチアモールやソードフィッシュ、ヒックリカエルの

ペンデュラム召喚を可能にする貴重なカードとなります。

 

 

ペンデュラム効果は2つあります。

①はもう片方のペンデュラムゾーンがエンタメイトでない場合に

ペンデュラムスケールが4になってしまうというデメリット効果と言えるものです。

スケール1というエンタメイトの中で最も低いペンデュラムスケールを持っている為、

デメリットとしてはある種妥当とも言えるものでしょう。

エンタメイトをメインとするデッキで使うならば問題のない効果ですが

魔術師を混ぜたりする場合にはちょっと面倒になってくるデメリットと言えるでしょう。

 

②はこのカードをペンデュラムスケールにセッティングしたターンのメインフェイズに

1ターンに1度だけデッキからレベル4以下のエンタメイトをサーチ出来る効果です。

もう片方のペンデュラムゾーンさえあえていればペンデュラムのエンタメイトをサーチする事で

すぐにスケールを揃える事が可能な為、①のデメリットはほとんど気にならないでしょう。

EMドクロバット・ジョーカーよりもサーチ範囲としては劣っていますが、

それでも主要なエンタメイトをサーチするのに問題なく、非常に優秀な効果だと言えます。

アニメでは毎ターンサーチ可能というかなり頭のおかしい効果でしたが

OCG化の際に発動したターンのみに弱体化しています。それでも十分に強力ですが。

 

 

モンスター効果の方は手札から捨てて発動する効果であり、

手札のエンタメイトかオッドアイズを相手に見せる事で

そのモンスター及び同名カードのレベル1を永続的に1下げる事が出来ます。

ペンデュラム効果と比較すると手札から捨てる効果にしては地味な点は否めませんが

スケールの最大値が7の時にオッドアイズをペンデュラム召喚したい場合、

1体のリリースでオッドアイズをアドバンス召喚したい場合、

EMパートナーガをリリースなしで召喚したい場合、

ランクの1つ低いエクシーズ召喚を狙いたい場合など使い道はいくつか存在します。

また手札にモンキーボードが2枚以上存在すれば、

捨てた分だけオッドアイズやエンタメイトのレベルを下げる事が可能です。

 

 

EMドクロバット・ジョーカーと抜群の相性を誇るカードです。

ドクロバットジョーカーのペンデュラムスケールが8であり

モンキーボードのスケールが1である為この2枚でスケールをセッティングする事で

レベル2~7のモンスターをペンデュラム召喚可能になります。

しかもモンキーボードをセットすればドクロバットジョーカーをサーチする事ができ

ドクロバットジョーカーを通常召喚すればモンキーボードをサーチする事ができ

そこから2枚目のドクロバットジョーカーをサーチする事でスケールをセッティングできます。

つまりどちらか1枚が手札にあれば2~7のペンデュラム召喚が可能になります。

エンタメイトや魔術師にとっては1つの初動の動きとなるでしょう。

 

この2枚にEMシルバー・クロウを混ぜれば他のデッキに出張させる事も十分可能です。

この場合モンキーボードの効果でシルバークロウをサーチしてPゾーンにセットする事で

やはりモンキーボードかドクロバットジョーカーのどちらか1枚が手札にあれば

レベル2~4のペンデュラム召喚が可能になります。

様々なデッキに簡単にペンデュラム召喚の要素を取り込む事が可能です。

ペンデュラム召喚の出張セットとしてはかなり優秀な部類だと思います。

・・・まあ今後ドクロバットジョーカーが規制されたりしなければですが

 

 

既に十分強いエンタメイトですがさらにその強さを底上げするカードだと思います。

さすがにそろそろエンタメイトはなんらかの規制がかかりそうな感じですね。

 

キーボードマニア

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

EMスプリングース

墓地から除外する事でPゾーンのモンキーボードを手札に戻す事が可能です。

モンキーボードのサーチ効果はPゾーンに置いたそのターンしか使えませんが

手札に戻す事により再び再利用する事が可能です。

ドクロバットジョーカーも一緒にセッティングしてある場合、そちらも戻して

ドクロバットジョーカーのサーチ効果を再度利用するのもいいでしょう。

モンキーボードのサーチ効果は1ターンに1度の制約がある点には留意してください。

コメント

  1. 通りすがりのいずみ より:

    おはようございます。
    私の見間違いでなければ、モンキーボードのデメリットの解説がメリットになっていますよ。

  2. 匿名 より:

    EMEmがさらに安定するクソカード
    先行展開必死こいて返してもトップモンキーで死亡
    スケール1だからデビフラ入る危険性がある
    ふざけてんのかコナミっていうカード

タイトルとURLをコピーしました