遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ドクロバット・ジョーカー

今回紹介するのはマスター・オブ・ペンデュラムよりこのカードです。

 

 

 

 

EMドクロバット・ジョーカー
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 100
【Pスケール:青8/赤8】
①:自分は「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、
「オッドアイズ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「EMドクロバット・ジョーカー」以外の「EM」モンスター、
「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターの内いずれか1枚を手札に加える。

 

 

 

 ↓大体こんなポーズ

デニス5

 

 

強い!絶対に強い!

 

エンタメイトの新しい仲間です。

慧眼の魔術師同様にEMと魔術師ペンデュラムの架け橋となるカードといえるでしょう。

 

 

8という高いスケールを持ちますがエンタメイト、魔術師ペンデュラム、オッドアイズ以外は

ペンデュラム召喚する事が出来ないというデメリットが存在します。

竜穴の魔術師というデメリット無しのスケール8こそ登場していますが、

基本的に高いスケールのペンデュラムカードは何かしらデメリットがつきますので

このデメリットは仕方ないものと言えるでしょう。

それを差し引いたとしてもエンタメイトでは待望とも言えるスケール8です。

今までエンタメイトだけではペンデュラム召喚をする事が出来なかったハンマーマンモや

カレイドスコーピオンも、ペンデュラム召喚をする事が出来るようになりました。

それだけでなくサーチ要因として使用したオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンも

ペンデュラム召喚する事が出来る為、召喚の幅が大きく広がるでしょう。

しかしエンタメイト特有の攻撃力上昇効果は持ち合わせていない為、

打点を重要視する場合には別のカードをセッティングした方がいいかもしれません。

 

 

さてこのカードの本題となるモンスター効果です。

通常召喚に成功した時デッキからカードを1枚サーチできる効果を持っています。

問題なのはそのサーチできるカードの範囲です。

オッドアイズ全部!

魔術師ペンデュラム全部!!

自分以外のエンタメイトモンスター全部!!!

投げやりとも言えるサーチ範囲の広さです。

もはやエンタメイトと魔術師ペンデュラムの架け橋とかそういうレベルじゃありません。

エンタメイトデッキでも魔術師デッキでもまず採用される優秀さを誇ります。

通常召喚限定なのでペンデュラム召喚などではサーチ効果を使えない事は注意です。

手札からペンデュラム召喚が狙える場合でもこのカードはペンデュラム召喚せず、

後で単体で通常召喚をするなどの工夫をしましょう。

 

 

また地味に攻撃力が1800ある点も優秀です。

脳筋テーマであるエンタメイトならば攻撃力を上げる手段にも事欠かず、

アタッカーとしても十分な活躍が期待できるでしょう。

このカードだけでも効果でEMパートナーガかEMドラミング・コングをサーチ、

そのままペンデュラムゾーンにセッティングすれば2400打点を確保可能です。

エンタメイトとしても、魔術師ペンデュラムやオッドアイズのサポートカードとしても

大いに活躍してくれるカードとなるでしょう。

あまりに便利なのでもし今後エンタメイトや魔術師ペンデュラムが環境に蔓延った場合、

リミットレギュレーションにおいて規制候補になる有力候補にもなりそうです。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

A・ジェネクス・バードマン

召喚したドクロバットジョーカーを手札に戻す事で再度サーチ効果を使用可能にします。

ペンデュラム召喚を狙える状況ならチューナーとしてもしっかり活躍できるでしょう。

 

 

オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン

ドクロバットジョーカーの効果でオッドアイズをサーチすれば

それだけでボルテックスドラゴンの融合素材を揃える事が可能になります。

特に素早くボルテックスドラゴンを場に出したい時には重宝するでしょう。

関連記事

星遺物-『星盾』(せいいぶつ せいじゅん):遊戯王カード考察 ザ・壁要因といえる実に盾らしい盾

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:虹の架け橋  ごく普通、だからこそ強いサーチカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第27話『闘う男、島 直樹』感想

遊戯王ヴレインズ27話の感想です。 バイラを打倒したブルーエンジェルはようやく自分の行いをお兄

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ペンデュラム・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

『蘇生制限』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説  召喚条件無視って聞くと出来るって思っちゃうよね

「何このカードゲーム難しい・・・」 そんな感想をいだく遊戯王初心者の為の解説コーナー、

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)84 ペイン・ゲイナー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン

マスター・オブ・ペンデュラム、優秀なカードが数多く入ってると思います。 ストラクチャーデッキで

記事を読む

遊戯王カード考察:超重武者ダイ-8(ちょうじゅうむしゃ ダイハチ)

旦那ぁ!超重武者装留お届けに参りました!   今回紹介するのはディメンション・

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械蘇生(アンティーク・ギアリボーン)

何度もアンティーク・ギアの蘇生を狙える!   今回紹介するのはレイジング・テン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:再臨の帝王 素直にリリース要員に使う以外ではエクシーズ素材とかにも

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するの

遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

→もっと見る

    • 4,980,048 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑