遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ドクロバット・ジョーカー

今回紹介するのはマスター・オブ・ペンデュラムよりこのカードです。

 

 

 

 

EMドクロバット・ジョーカー
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 100
【Pスケール:青8/赤8】
①:自分は「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、
「オッドアイズ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「EMドクロバット・ジョーカー」以外の「EM」モンスター、
「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターの内いずれか1枚を手札に加える。

 

 

 

 ↓大体こんなポーズ

デニス5

 

 

強い!絶対に強い!

 

エンタメイトの新しい仲間です。

慧眼の魔術師同様にEMと魔術師ペンデュラムの架け橋となるカードといえるでしょう。

 

 

8という高いスケールを持ちますがエンタメイト、魔術師ペンデュラム、オッドアイズ以外は

ペンデュラム召喚する事が出来ないというデメリットが存在します。

竜穴の魔術師というデメリット無しのスケール8こそ登場していますが、

基本的に高いスケールのペンデュラムカードは何かしらデメリットがつきますので

このデメリットは仕方ないものと言えるでしょう。

それを差し引いたとしてもエンタメイトでは待望とも言えるスケール8です。

今までエンタメイトだけではペンデュラム召喚をする事が出来なかったハンマーマンモや

カレイドスコーピオンも、ペンデュラム召喚をする事が出来るようになりました。

それだけでなくサーチ要因として使用したオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンも

ペンデュラム召喚する事が出来る為、召喚の幅が大きく広がるでしょう。

しかしエンタメイト特有の攻撃力上昇効果は持ち合わせていない為、

打点を重要視する場合には別のカードをセッティングした方がいいかもしれません。

 

 

さてこのカードの本題となるモンスター効果です。

通常召喚に成功した時デッキからカードを1枚サーチできる効果を持っています。

問題なのはそのサーチできるカードの範囲です。

オッドアイズ全部!

魔術師ペンデュラム全部!!

自分以外のエンタメイトモンスター全部!!!

投げやりとも言えるサーチ範囲の広さです。

もはやエンタメイトと魔術師ペンデュラムの架け橋とかそういうレベルじゃありません。

エンタメイトデッキでも魔術師デッキでもまず採用される優秀さを誇ります。

通常召喚限定なのでペンデュラム召喚などではサーチ効果を使えない事は注意です。

手札からペンデュラム召喚が狙える場合でもこのカードはペンデュラム召喚せず、

後で単体で通常召喚をするなどの工夫をしましょう。

 

 

また地味に攻撃力が1800ある点も優秀です。

脳筋テーマであるエンタメイトならば攻撃力を上げる手段にも事欠かず、

アタッカーとしても十分な活躍が期待できるでしょう。

このカードだけでも効果でEMパートナーガかEMドラミング・コングをサーチ、

そのままペンデュラムゾーンにセッティングすれば2400打点を確保可能です。

エンタメイトとしても、魔術師ペンデュラムやオッドアイズのサポートカードとしても

大いに活躍してくれるカードとなるでしょう。

あまりに便利なのでもし今後エンタメイトや魔術師ペンデュラムが環境に蔓延った場合、

リミットレギュレーションにおいて規制候補になる有力候補にもなりそうです。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

A・ジェネクス・バードマン

召喚したドクロバットジョーカーを手札に戻す事で再度サーチ効果を使用可能にします。

ペンデュラム召喚を狙える状況ならチューナーとしてもしっかり活躍できるでしょう。

 

 

オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン

ドクロバットジョーカーの効果でオッドアイズをサーチすれば

それだけでボルテックスドラゴンの融合素材を揃える事が可能になります。

特に素早くボルテックスドラゴンを場に出したい時には重宝するでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)ドミノバタフライ

除外された風属性を再利用!   ジャンプフェスタ2017にてPREMIUM P

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)メンコート

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:赤馬零羅のCCCってあれどうやってOCG化しよう?

アニメ遊戯王には数多くのカードが登場しています。 そして実際に数多くのカードがOCGに効果を調

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:魔装邪龍 イーサルウェポン

巷ではクラウンブレードが猛威を振るってる頃でしょうか? 今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベ

記事を読む

ディアバウンド・カーネル:遊戯王カード考察

毎ターン相手の攻撃力を下げてやれ!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

デコード・トーカー:遊戯王カード考察

リンク召喚のトップバッター兼アピール要因!種族も新しい!   4月に新しく放映

記事を読む

遊戯王アークファイブ第116話『太陽と月の守護者』感想

遊戯王ARC-V116話の感想です。 前回セレナの裏切りにあい柚子を攫われてしまいましたが

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:バージェストマ

カンブリア期(訳5億3千万年前)に存在していたといわれるバージェス動物群、 それをモチーフにし

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トルクチューン・ギア

チューナーのユニオン登場!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜宮のツガイ

もうすぐハイスピード・ライダーズも発売されますが。 ディメンション・オブ・カオスのカードもまだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

トライゲート・ウィザード:遊戯王カード考察 相互リンク2体でも十分強いけどやっぱり3体狙ってみたいよね

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

→もっと見る

    • 4,382,124 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑