遊戯王OCGカード考察:花積み、超こいこい、イカサマ御法度

カーディアン本領発揮!

 

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。

 

 

 

花積み
通常魔法
「花積み」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから「花札衛」モンスター3種類を選び、
好きな順番でデッキの上に戻す。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「花札衛」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

超こいこい
通常魔法
「超こいこい」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキの上からカードを3枚めくり、
その中の「花札衛」モンスターを可能な限り、
召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは2になり、
効果は無効化される。
残りのカードは裏側表示で除外し、
自分は除外したカードの数×1000LPを失う。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
手札から「花札衛」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

イカサマ御法度
永続罠
①:1ターンに1度、相手が手札からモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
手札から特殊召喚された相手フィールドのモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
②:フィールドに「花札衛」Sモンスターが存在しない場合に
このカードは墓地へ送られる。

 

 

カーディアン用のサポートカードです。

いずれもアークファイブで徳松長次郎が使用したカードであり

特に超こいこいはエンジョイ長次郎を象徴するカードとして表されています。

 

超こいこい

上は超こいこいのイラストですが花札衛関連の魔法罠の特徴として

やたらと魔宮の賄賂のおっちゃんが描かれているものが多いです。

もはや「花札衛=魔宮の賄賂のおっちゃん」と考えて差し支えないでしょう!

上では何かかっこいいおっちゃんですがばっちりイカサマをしており

やっぱり悪いおっちゃんであるようです。

でもこういう悪い人が格好つけるシチュエーションって何か好きです。

今回OCG化されたカード以外にも魔宮の賄賂のおっちゃんが

描かれているカードもたくさんある為

今後の花札衛関連のカードのOCG化にも期待したい所です。

 

 

 

花積みの①の効果はデッキからカーディアンモンスター3種類を

デッキから選び、好きな順番でデッキの上に戻すというものです。

このデッキトップ操作はカーディアンにとって非常に重要で

各種カーディアンのドロー効果からの連続展開や

超こいこいの効果を最大限に発揮する為に必要な効果です。

まずはこのカードを発動してイカサマの準備を整えるのが

カーディアンの基本戦術となってくるでしょう。

 

花積みの②は1ターンに1度、このカードを墓地から除外する事で

墓地のカーディアン1体を手札に回収する効果です。

ただし墓地に送られたターンには発動できない制約が存在します。

手札の確保に直結する便利な効果であり

①の効果と合わせて非常にお世話になるカードとなります。

 

 

 

超こいこいの①の効果は1ターンに1度、

自分のデッキの上から3枚めくり、その中のカーディアンを

召喚条件を無視して可能な限り特殊召喚するというものです。

この効果で出すカーディアンは

効果を無効にした上でレベル2として扱います。

またカーディアン以外のカードをめくった場合は

裏側表示で除外した上でその数×1000のライフを失います。

そのまま使うと相当なギャンブルカードであり運命力の自身のある人なら

準備なしで発動してエンジョイするのも面白いですが

基本的には花積みでイカサマした上で発動する事になるでしょう。

花積みと組み合わせる事で実質的に

「デッキから任意のカーディアン3枚をレベル2扱いで場に出す」

という強力な効果となり猪鹿蝶や雨四光のシンクロにつなげやすくなります。

 

②の効果は墓地から除外する事で

手札からカーディアン1枚を召喚条件を無視して特殊召喚するというものです。

①の効果と合わせて1ターンにどちらか片方しか発動できません。

カーディアンは特殊召喚モンスターが多く手札事故に繋がりやすい為、

この召喚条件を無視して特殊召喚する効果はかなり重宝します。

 

 

 

イカサマ御法度は1ターンに1度、相手が手札からモンスターを特殊召喚した時、

手札から特殊召喚された相手モンスターを全て手札に戻すというものです。

ただしカーディアンのシンクロモンスターがフィールドにいなければ

②の効果によって墓地に送られる形で自壊してしまいます。

カーディアンシンクロを維持しなければならないのと

手札から特殊召喚するモンスターに対してしか効果がありませんが

永続罠である為、維持できれば毎ターン妨害が可能です。

なんだかんだで手札から特殊召喚するカードは結構使われており

エクシーズ召喚やシンクロ召喚の妨害に繋げられる状況は多いです。

 

 

 

まだカーディアンがでた当初は必要なパーツが足りない印象が強かったですが

これらのサポートカードが充実してきた事で一気に強化されました。

インベイション・オブ・ヴェノムが発売されてこそが

カーディアンの本領が発揮できると言えるでしょう。

まだまだOCG化されていないカーディアン関連のカードも多く、

これからも魔宮の賄賂のおっちゃんの活躍に期待したい所です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:青き眼の巫女、白き霊龍(れいりゅう)

今回紹介するのは11月21日に発売されたVジャンプ1月号の付録であるこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:魔装邪龍 イーサルウェポン

巷ではクラウンブレードが猛威を振るってる頃でしょうか? 今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:メタルフォーゼ ”ザ・ダーク・イリュージョン”

ザ・ダーク・イリュージョンに新しいテーマ「メタルフォーゼ」が登場します。 恐らく名前の由来は鉱

記事を読む

遊戯王OCG:2017年1月の制限改定を個人的に予想してみる

12月ですね。とうとう今年も残り1ヶ月となりました。 遊戯王にとっては来月には新しいリミットレ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第129話『覇王の片鱗』感想

遊戯王ARC-V129話の感想です。 零王の精霊機巧軍に立ち向かう遊矢と零児。 そしてレ

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・ズィーガー サイバー流がまた1キル狙いやすく

4月14日に新しいパック、 CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライゾン

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アロマセラフィ-アンゼリカ

回復にもシンクロ召喚にも!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ダークネスマスター F.A.の貴重な除去要員

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:小法師(しょうぼうし)ヒダルマー とりあえず②の効果を狙おう

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,750,158 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑