遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ナビゲート、イリュージョン・マジック

手札のブラマジを有効利用!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

マジシャンズ・ナビゲート
通常罠
①:手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。
その後、デッキからレベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。
②:自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、
墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの
表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

イリュージョン・マジック
速攻魔法
「イリュージョン・マジック」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」を2枚まで選んで手札に加える。

 

 

 

ブラック・マジシャンのサポートカードとなる通常罠と速攻魔法ですです。

マジシャンズ・ナビゲート

ちょっともじもじさせてる感じでブラック・マジシャンにナビゲートされてる

ブラック・マジシャン・ガールがとても可愛らしくてベネです。

お師匠様にエスコートしてもらっているのが嬉しいんでしょうね。

 

 

マジシャンズ・ナビゲートの効果は2つあります。

①は手札からブラック・マジシャン1体を特殊召喚し、その後デッキから

レベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する効果です。

一気に2体のモンスターをフィールドに特殊召喚できる為、

【ブラック・マジシャン】における展開力を支えるカードとなるでしょう。

ブラック・マジシャン2体を特殊召喚してランク7のエクシーズ召喚を狙える他、

イラストのようにブラック・マジシャン・ガールを特殊召喚して

黒・爆・裂・破・魔・導を発動する条件を満たしたりが可能です。

それ以外でデッキから特殊召喚できるモンスターの候補としては

ナイトエンドソーサラーでシンクロ召喚を狙いつつ墓地のカードを除外させたり

刻剣の魔術師で相手の厄介なモンスターを除外させたりといった芸当も可能です。

 

②の効果はこのカードが墓地に存在し、

なおかつ自分フィールドにブラック・マジシャンが存在する場合、

墓地のこのカードを発動する事で相手の表側表示の魔法罠を

そのターンの間無効に出来るというものです。

墓地に送られたターンには発動できない制約こそ存在しますが

フリーチェーンで発動できる為、通常魔法や通常罠を無効化できるという

非常に汎用性の高い墓地発動効果です。マジシャンズ・ローブ等の

「相手ターンに魔法罠を発動する」という発動条件を満たすのにも貢献する為、

何かとお世話になる効果となるでしょう。

 

 

 

イリュージョン・マジックの効果は1ターンに1度、

自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースする事で

デッキか墓地からブラック・マジシャンを2枚まで手札に加えるというものです。

リリースするモンスターを用意する必要がありますがマジシャンズ・ロッドであれば

このカードをサーチしつつリリース要因となれる為何かと相性がいいです。

根本的にブラック・マジシャンは召喚師のスキルや闇の量産工場など

手札に加える手段にはあまり事欠かないのとフィールドに出したい場合、

手札に持ってくるよりは墓地にいた方が何かと都合がいい事が多いのですが、

マジシャンズ・ナビゲートのように手札のブラック・マジシャンを

利用する手段を用意しているのなら採用する価値があるでしょう。

またマジェスペクターのように魔法使い族のリリース要因に事欠かないデッキであれば

闇の量産工場やマジシャンズ・ロッドと合わせて

ブラック・マジシャンを完全に手札コスト要因にするのも1つの手です。

【魔術師】であればスケール8を用意する事でペンデュラム召喚も狙えるでしょう。

 

 

制限改定で現在の主力デッキの多くが弱体化した事もあり

多くのサポートカードが追加されたブラック・マジシャンは注目している所です。

 

遊戯2

関連記事

遊戯王OCGカード考察:魔界劇団-サッシー・ルーキー

壁や身代わりとして頑張る健気な新人!   今回紹介するのはデステニー・ソルジャ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:堕天使(だてんし)

堕天使、天界を追放され悪魔となった天使であり中二の代表格です。 遊戯王では堕天使マリーを始め古

記事を読む

遊戯王カード考察:トラップトリック 後だしで破壊トリガー持ちセットしたりと色々できる

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第56話『初陣!ブルーガール』感想

遊戯王ヴレインズ56話の感想です。   前回のあらすじ:わざわざ従者が

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-萩に猪-、花札衛-紅葉に鹿-、花札衛-牡丹に蝶-

これでもっとエンジョイできる!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第46話『未来を描き出すサーキット』感想

遊戯王ヴレインズ46話の感想です。 前回のあらすじ:もうこれが最終回でもおかしくないぐ

記事を読む

ライトロード・ドミニオン キュリオス:遊戯王カード考察 墓地肥やしにありがたい効果が満載

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:No.(ナンバーズ)93 希望皇ホープ・カイザー

今回はザ・ヴァリアブル・ブック18の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第107話『決闘に飢えたアマゾネス』感想

遊戯王ARC-V107話の感想です。 ユーリに襲撃され塾生をカード化されてしてしまった遊勝塾融

記事を読む

ファイアウォール・ドラゴン:遊戯王カード考察

藤木遊作のもう1つのエースカード!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ディメンションガーディアン考察お願いします

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:屍界(しかい)のバンシー アンデットワールド最重要カードと言ってもいいです

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカ

ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-と一緒に揃えておきたいカードは? アンデット族に欲しいものが大体ある

昨日9月22日に発売されたアンデットワールドR。 収録されて

遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

→もっと見る

    • 5,653,077 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑