遊戯王OCGカード考察:マシュマカロン

スポンサーリンク

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!

 

今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKよりこのカードです。

 

 

 

マシュマカロン
効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 200/守 200
「マシュマカロン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から
このカード以外の「マシュマカロン」を2体まで選んで特殊召喚する。

 

 

新しく登場した光属性天使族のレベル1モンスターです。

マシュマロンのリメイクというよりは仲間のモンスターといった方がいいでしょう。

マシュマカロン

イラストではマシュマロンがマカロン風になった見た目・・・と言いたい所ですが

いやこれマカロンかなぁ?

なんていうか色もあいまってでっかいタラコ唇のようにも見えてしまいます。

 

 

その効果は1ターンに1度、戦闘か効果で破壊された時に手札、デッキ、墓地から

自身以外のマシュマカロンを2体まで特殊召喚できるというものです。

その効果から基本的に3枚積みが前提となるでしょう。

実質的にこのカード1枚で3回分の壁となる事が可能であり

しかも1体でも残れば次のターンもう1度マシュマカロン2体を出す事が出来ます。

相手からすればかなり厄介な壁モンスターとなるでしょう。

 

 

自身のカードで破壊してもいい為、リミット・リバースで蘇生させて自壊させれば

2体分のリリース要因を揃える事が可能です。

他にも金華猫で蘇生させてダメージ覚悟で自爆特攻させる事で

レベル1のモンスターを3体フィールドに並べる事もできます。

天空の虹彩など自分フィールドのカードを破壊する効果のコストとしても優秀です。

 

 

全滅させなければ繰り返し使える壁モンスターであり

全滅させられたとしてもレベル1の低ステータスである為蘇生手段は豊富です。

相手からすれば戦闘破壊で突破しようとするなら3体一気に破壊する必要があり

攻撃妨害系のカードを使う事で相手の思惑を崩しやすくなるでしょう。

単体でも優秀な壁として機能してくれますが他のカードでサポートする事で

より嫌らしいカードとなってくれるでしょう。

 

灼熱

コメント

タイトルとURLをコピーしました