遊戯王OCG新カード考察:慧眼の魔術師

公開日: : 最終更新日:2015/05/24 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

Vジャンプ6号の付録としてつく新カード、慧眼の魔術師の考察をしていきたいと思います。

 

慧眼の魔術師

ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1500
【Pスケール:青5/赤5】
①:もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードまたは「EM」カードが存在する場合に発動できる。
このカードを破壊し、デッキから「慧眼の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
①:このカードを手札から捨て、自分のPゾーンの、Pスケールが元々の数値と異なるカード1枚を対象として発動できる。
そのカードのPスケールはターン終了時まで元々の数値になる。

 

 

エンタメイトとは別の遊矢デッキのキーカードとなる魔術師の新カードです。

今まで遊矢デッキを作ろうとしてエンタメイトを組んだ多くの人がこう思ったと思います。

「EMと魔術師って相性悪い!」

今回の慧眼の魔術師はそんなエンタメデュエリストたちの願いに答えてか、

EMと魔術師の架け橋になるようなペンデュラム効果を持ってやってきました。

その効果は自身の破壊と魔術師サーチであり、ペンデュラムスケールの調整を手助けしながら、

EXにもペンデュラムカードを増やすという中々美味しい効果を持っています。

ただし、多くの魔術師ペンデュラムカードはもう片方が魔術師でないとスケールが変化してしまう問題点が残っています。

特に高レベルのペンデュラム召喚を狙う場合には既にセッティングしたEMをどうするかは課題となります。

エンタメイトと魔術師を組み合わせたデッキを組む場合には、

どちらのカード郡をメインに運用するかはしっかりと考える必要があるでしょう。

 

モンスター効果の場合は多くの魔術師ペンデュラムカードが持つスケールの変化(大体デメリット)を元に戻す効果です。

これにより他のペンデュラムカードと共存しやすくなる他、

同じカードで無理やりペンデュラムスケールをセッティングするといった芸当も可能になります。

ただし手札1枚のアド損になる事、手札から捨てた場合EXデッキに行かない事はしっかりと留意しておきましょう。

 

恐らくストーリーの流れから予想すると今後も「魔術師」ペンデュラムカードは増える事でしょう。

このカードは魔術師ペンデュラムを使う上で重要になってくるカードですので今後も評価が上がってくると思われます。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

相克の魔術師

慧眼の魔術師同様にもう片方のペンデュラムゾーンに依存せずにスケールをセッティングできる魔術師ペンデュラムです。

その為エンタメイトをメインに構築する場合にも積極的に採用できるモンスターです。

ペンデュラムスケールが慧眼が5、こちらが3である為、レベル4のペンデュラム召喚を狙う場合には、

慧眼のペンデュラム効果を使う事でもう片方のペンデュラムゾーンに合わせてスケールをセッティングできます。

エンタメイトはモンスターが3体並以上並ぶ事も多い為、ペンデュラム効果を使う機会も多いでしょう。

 

練成する振動

こちらは逆にEMを採用しつつ魔術師をメインにする場合に採用したいカードです。

慧眼のペンデュラム効果でサーチをした後に残ったエンタメイトを効率よく処理できます。

これにより魔術師ペンデュラムのスケール変化を回避しやすくなります。

 

霞の谷の巨神鳥

これは慧眼の魔術師と、というよりは魔術師ペンデュラムと相性がいいモンスターです。

ペンデュラム召喚と極めて相性のいい効果を持っていますがレベル7という関係上、

魔術師ペンデュラム以外ではペンデュラム召喚をする事が難しく、

また同時に魔術師ペンデュラムにおいて是非ペンデュラム召喚を狙いたいモンスターでもあります。

慧眼の魔術師の効果を上手く活用すればレベル7のペンデュラムも狙いやすくなる為、

このカードをペンデュラム召喚できる機会も増える事でしょう。

 

関連記事

遊戯王OCGテーマ考察:十二獣(じゅうにしし)

レイジング・テンペストに登場する新たなエクシーズテーマ、 その名も十二獣(じゅうにしし)!

記事を読む

遊戯王カード考察:オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン サーチ手段豊富なスケール0、効果も優秀

本日4月4日に漫画版遊戯王アークファイブの5巻が発売されます。 表紙のユーリとスターヴ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト

とうとうディメンション・オブ・カオスのパッケージを堂々と飾るカードが判明しました。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第33話『青い涙の天使』感想

遊戯王ヴレインズ33話の感想です。 今週は30分早くの放映です。 ブルーエンジェルVSス

記事を読む

No.(ナンバーズ)89 電脳獣ディアブロシス:遊戯王カード考察  EXデッキメタにも墓地メタにもデッキ破壊にも

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第75話『反逆者の呪縛』感想

遊戯王ARC-V75話の感想です。 次回から新しいOPとEDになる為今回のOPはこれで見納めと

記事を読む

遊戯王アークファイブ第72話『ドラゴン征伐!!ユーゴvs沢渡』感想

遊戯王ARC-V72話の感想です。 ユーゴVS沢渡シンゴという非常に楽しみな対戦カードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録となるこのカードです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・プレシオス、ダイナミスト・ステゴサウラー、ダイナミスト・プテラン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,344,544 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑