遊戯王カード考察:墓守の異能者 ネクロバレーの維持をより強固に、アタッカーとしても使える

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

墓守の異能者
融合・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2000/守2000
「墓守」モンスター×2
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力・守備力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
②:フィールドに「王家の眠る谷-ネクロバレー」が存在する限り、
このカード及び自分のフィールドゾーンのカードは効果では破壊されない。
③:自分メインフェイズに発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
デッキから「墓守」モンスター1体または「ネクロバレー」カード1枚を手札に加える。

 

 

墓守の新規となる闇属性魔法使い族のレベル7融合モンスターです。

全体的な見た目が墓守の異端者と似ており進化形態だと思われます。

 

ビフォー

アフター

墓守の異端者がやや大人びて成長したような姿です。

体に纏うオーラも強くなっており独特の構えからは風格が感じられます。

衣装も変更されており特に杖は以前よりも豪華になっています。

 

 

「墓守」モンスター×2

融合素材には墓守モンスター2体を要求しています。

魔法使い族故に円融魔術に対応しているのですが問題点として

墓守の中核を担うネクロバレーの発動中は墓地からの除外が出来ません。

上手くネクロバレーが無い時に発動を狙うか

もしくは他の融合手段を用意するなどの工夫が求められます。

墓守の長で自分だけネクロバレーの制約を無視するという手もあります。

 

 

①:このカードの攻撃力・守備力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。

①の効果は融合素材としたモンスター2体の元々のレベル合計×100だけ

自身の攻撃力守備力を上昇させる自己強化効果です。

元々の攻撃力守備力が2000ありレベル4の墓守2体を素材にするだけでも

2800の攻撃力守備力は確保可能です。

ネクロバレーと合わされば3300にまで達するので

これだけでも十分にアタッカーとして運用する事が出来るでしょう。

レベル10の墓守の審神者2体を素材にする事が出来れば

その攻撃力は4000(ネクロバレー元で4500)にまで達します。

蘇生した場合などは攻撃力守備力が上昇しない点には気を付けてください。

 

 

②:フィールドに「王家の眠る谷-ネクロバレー」が存在する限り、
このカード及び自分のフィールドゾーンのカードは効果では破壊されない。

②の効果はフィールドに王家の眠る谷-ネクロバレーが存在している間

自身とフィールドゾーンのカードに効果破壊耐性を付与するというものです。

墓守の異端者の持つ効果を受けない耐性を意識したものとなっており

自身の耐性が弱体化した代わりにフィールドゾーンも守れるようになっています。

①の効果で高いステータスを確保していれば高い場持ちを期待できる上に

【墓守】の中核を担うネクロバレーに破壊耐性を付与できる点も大きいです。

 

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:自分メインフェイズに発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
デッキから「墓守」モンスター1体または「ネクロバレー」カード1枚を手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、自分メインフェイズ時に発動し

発動したターンのエンドフェイズにデッキから

墓守と名の付くモンスターかネクロバレーと名の付くカード1枚を手札に加えるサーチ効果です。

サーチできるのがエンドフェイズになってしまう為そのターンの活用が出来ませんが

【墓守】の中核を担う王家の眠る谷-ネクロバレーをサーチできる他、

ネクロバレーの祭壇やネクロバレーの王墓をサーチする事も可能です。

フィールドに維持できれば毎ターンサーチ効果を発動可能であり

シンプルにアドバンテージを確保する手段として重宝します。

 

砂塵の大竜巻やランカの蟲惑魔などエンドフェイズに手札の罠をセットできる効果を利用すれば

③の効果でサーチしたネクロバレーの王墓をそのターンにセットする事が可能です。

強力なカウンター罠である王墓をすぐさまセットできるのは相手の妨害に大きな意味を持つので

こういったカードを活用してすぐにセットする価値は十分にあるでしょう。

 

 

【墓守】の例にもれず真価を発揮するには王家の眠る谷-ネクロバレーの存在が前提となりますが

そのネクロバレーを効果破壊から守りいざという時には予備のネクロバレーも用意可能と

ネクロバレーの維持を多方面でサポートしてくれる存在です。

元々【墓守】はネクロバレーさえ維持できれば高いロック性能を持つ事もあり

そのロックをより強固にしてくれるこのカードは重要となるでしょう。

高い攻撃力を確保したこのカードと王家の眠る谷-ネクロバレー、ネクロバレーの祭殿が揃えば

多くのデッキに対して高い圧力を発揮可能です。

関連記事

遊戯王カード考察:強欲で金満な壺(ごうよくできんまんなつぼ) EXデッキに依存しないのであれば

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

【メタファイズ】:遊戯王テーマ考察  タイムラグのある除外トリガーを上手く活用していく新基軸の除外テーマ

9期の頃、アームズ・ドラゴンやホルスの黒炎竜といった懐かしのモンスターが それぞれメタファイズ

記事を読む

遊戯王OCG、2017年10月の制限改定判明!懐かしいあのカードが禁止解除

2017年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 毎年10月はかなり大幅な改定が行わ

記事を読む

武力の軍奏(ぶりきのぐんそう):遊戯王カード考察 チューナーがチューナーを蘇生しさらにチューナーをシンクロ召喚

モンスターハンター:ワールドでニャンターが使えるのかが気になる今日この頃。 今回紹介するのはD

記事を読む

遊戯王アークファイブ第117話『牙をむく鈴の音』感想

遊戯王ARC-V117話の感想です。 瑠璃とリンの救出したカイトとユーゴですが 既にプロ

記事を読む

遊戯王カード考察:プロンプトホーン 1体リリースで最大3体特殊召喚!トライワイトゾーンの条件も満たせる!

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

真竜(しんりゅう)「アドバンス召喚軸」:遊戯王テーマ考察

竜剣士ラスターPと竜魔王レクターPの対決は2人が合体し 真竜剣士マスターPになるスペリオルドラ

記事を読む

遊戯王カード考察:クリフォート・ゲニウス 機械族全般で有用、スキルドレインのお供に

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:バックアップ・オペレーター 調整版バードマン、では終わらない悪用法

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

【機界騎士(ジャックナイツ)】:遊戯王テーマ考察 直線番長な奴ら、一部すごい事書いてあります

星杯にクローラー。 どちらも聖遺物を巡った戦いを繰り広げており。 10期の遊戯王OCGの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,867,438 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑