遊戯王カード考察:円融魔術(マジカライズ・フュージョン) まあクインテット・マジシャンとセットで

公開日: : 最終更新日:2018/07/11 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのは2月23日に発売される

ザ・ヴァリュアブル・ブック20の付録となるこのカードです。

 

 

 

円融魔術(マジカライズ・フュージョン)
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のフィールド・墓地から
魔法使い族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 

 

融合用の通常魔法です。

暗い赤を基調とするローブと帽子を身に着けた謎の魔術師が

黒の魔導陣が描かれた鏡から出現しようとしています。

たしかこの魔術師はまだモンスターとして存在していなかったと思いますが

何者なんでしょうね。

鏡につけられた紫色の球体と同じような球体のついた杖が特徴的です。

 

 

その効果は1ターンに1度、

自分のフィールドか墓地から融合素材を除外して

魔法使い族融合モンスターを融合召喚するというものです。

平たく言ってしまえば1ターンに1度の制約がついた魔法使い族版の龍の鏡です。

カードイラストも鏡から魔法使いが出てくるという

龍の鏡を強く意識したものになっています。

 

 

魔法使い族の融合モンスターというのは大体専用の融合魔法というか

これより相性のいい融合用のカードがあったりするのですが

そんな中でも一緒に付録としてついてくるクインテット・マジシャンは

このカードで融合召喚する最有力です。

魔法使い族5体と通常の融合で融合召喚を狙うのは非常に難しく

このカードを利用して融合召喚をするのが最も現実的です。

他には魔法使い族のシンクロモンスターを用意できるのであれば

覇魔導士アーカナイト・マジシャンが、

融合素材代用モンスターを利用しているのであれば

ミレニアム・アイズ・サクリファイスあたりも出せる候補として該当してきます。

基本的には魔法使い族デッキでクインテット・マジシャンを出す目的で採用しつつ

デッキや状況次第ではこれらのカードを出すのを狙ってみるのもいいでしょう。

【ウィンドウィッチ】であればWW-クリスタル・ベルなんかも狙えるのですが

効果を考えると墓地にウィンター・ベルが2体欲しい所です。

 

 

魔法使い族は意外と融合モンスターの数が少ないのですが

今後新しく魔法使い族融合モンスターが出るたびにこのカードに注目したいですね。

関連記事

パーシアスの神域(しんいき):遊戯王カード考察 3つとも全部有用だやばい

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ホールディング・レッグス

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第70話『調律する弾丸』感想

遊戯王ヴレインズ70話の感想です。   前回のあらすじ:昔のカード使い

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第46話『未来を描き出すサーキット』感想

遊戯王ヴレインズ46話の感想です。 前回のあらすじ:もうこれが最終回でもおかしくないぐ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-驟雨のライキリ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録となるこのカードです

記事を読む

遊戯王アークファイブ第58話『闇デュエルへの招待』感想

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚を駆使したデニス、 そしてそれを見事撃破した権現坂はギャラガーに

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:濡れ衣

ブレイカーズ・オブ・シャドウのフラゲ情報も出ているみたいですね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣の追憶

バスターブレイダーの展開を補助する2つの効果!   今回紹介するのはザ・ダーク

記事を読む

遊戯王雑記:アークファイブの改善点を挙げるとしたら

いよいよ2017年も終わりを迎えようとしています。 遊戯王的に2017年は環境を大きく変える新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,288,944 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑