遊戯王カード考察:トラップトリック 後だしで破壊トリガー持ちセットしたりと色々できる

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

トラップトリック
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、
その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
このカードの発動後、
ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。

 

 

汎用の通常罠です。

ランカの蟲惑魔とティオの蟲惑魔が男達を誘っているすぐ後ろで

他の蟲惑魔が捕食しようと待ち構えています。ハニートラップという奴ですね。

さすがにバレバレなのか男達はめっちゃ警戒しています。

ちなみに誘われている男達は大落とし穴の被害者一同です。

蟲惑魔は英語名では「Traptrix」でありカード名はそれにちなんでいるのでしょう。

余談ですがトラップという言葉には「男の娘」という意味もあったりします。

もしかしたら蟲惑魔たちは・・・(

 

 

その効果は1ターンに1度、デッキから同名カード以外の通常罠1枚を除外し

その除外したカードと同名カードをデッキからセットできるというものです。

そしてこのセットした罠カードはすぐさま発動可能となります。

最初に同じカードを除外する必要がある為

制限カードや1枚しか採用していないカードをセットする事が出来ませんが

実質的に任意の罠カードをデッキからセットして発動できる効果と言えるでしょう。

あくまで通常罠限定で永続罠やカウンター罠はセットできない点には注意です。

特に除外される事で効果を発動できるメタファイズ・アセンションとは非常に相性がよく

そのカードをセットしつつもう1枚を除外してその効果を発動が可能です。

 

 

この効果によって実質的に罠カードによる「後出しじゃんけん」が可能となります。

相手が厄介な効果を持つモンスターを出してきた場合には

迷い風やブレイクスルー・スキルをセットして効果を封じる事が可能ですし

大量展開に関しては効果による特殊召喚にチェーンする形で

激流葬などをセットすれば一掃が可能です。

相手がバトルフェイズを開始したあたりで王者の調和やハノイの崇高なる力をセットすれば

相手は攻撃を躊躇わざるをえないでしょう。

単体除去に対してこのカードを発動すれば1回分無駄撃ちさせられるのも見逃せない点です。

ハーピィの羽箒等で魔法罠の全体除去を狙ってきた場合には

やぶ蛇など破壊された事をトリガーに発動する罠をセットする事で意図的に破壊を誘えます。

デッキに罠カードを多く採用していればしているほど出来る行動の選択肢が増える為、

罠カード中心のデッキであれば非常に優秀な働きが可能なカードと言えるでしょう。

 

ただしこの効果を発動した後はそのターンにあと1回しか罠カードが発動できなくなります。

先述の罠カード中心のデッキであれば特に響いてくる制約であり

複数枚カードをセットしている場合などは発動するタイミングには細心の注意が必要となります。

 

 

【ティンダングル】におけるティンダングル・ドロネー等、

特定の通常罠をキーカードに持つデッキであればそれらをサーチする手段としても活用できます。

ただ発動の為にデッキからそのキーカードを1枚は除外する必要があるので

特に3枚積みするほど何度も発動を狙いたいみたいなカードの場合

それを1枚減らすというのはちょっと痛いポイントです。

ただティンダングル・ドロネーのように墓地で効果を発動できるタイプのカードは

バージェストマ・レアンコイリアで除外ゾーンから墓地に戻す事が可能です。

ちなみにバージェストマ・レアンコイリアもトラップ・トリックでセット可能です。

 

中々に様々な使い方が考えられる面白いカードだと思います。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:天帝従騎(てんていじゅうき)イデア

皆さんは夏休みの宿題を溜めておくタイプでしたか?自分もそうでした。 今回紹介するのは真帝王降臨

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・ミノタウロス:遊戯王カード考察  地味ながらもいるとかなり助かるいぶし銀的存在!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

ファイアウォール・ドラゴン:遊戯王カード考察

藤木遊作のもう1つのエースカード!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュ

記事を読む

遊戯王OCG:2018年4月の制限改定を個人的に予想してみる

3月になりました。また花粉症の季節がやってくる・・・。 冬が来てずっと冬だったらいいのに

記事を読む

遊戯王カード考察:レイテンシ 非常に使いやすいリンク素材、サイバース以外では光属性デッキとかでも

6月23日にストラクチャーデッキ-マスター・リンク-が発売されます。 今回紹介するのはそのマス

記事を読む

遊戯王カード考察:カラテ魂(スピリット) KURO-OBI(クロオビ) デメリットなしスケール9!

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:幻妖(げんよう)フルドラ コストさえあれば何でも墓地から回収!

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黒の魔導陣(まどうじん)

ブラマジ出せれば1枚除外!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームロード・Ω

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,660,557 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑